2011年11月30日水曜日

今月の一枚

「元野犬の外山」
今月の一枚は、元漫才師「野犬」の外山を。

主催するライブでは軽く100人の観客を集め、若手中の若手ながら大阪のインディーズ界では「こいつらやりよる」と知られていた野犬。
誰もが(相方さえ)解散するとは思わなかった野犬が11月19日に突如解散。しかも、外山は引退、田舎の長崎へ帰るというのだ。
いくら解散が頻繁に起こるインディーズの漫才界と言えど、野犬の解散は衝撃的だった上、外山の引退・帰郷は完全に想定外だったため本当に驚いた。

その外山と20日の夜遅くに会った。

本人は「前から決めていた事なので」といつも通りの振舞い。落ち込んだり、悩んだり、後悔したり、変に浮かれたりした様子はない。本当にいつもの外山だった。
そんな外山とあと二人の四人で朝の4時頃まで、バカ話で盛り上がった。引き止めたり理由を訊いたりしても無駄だと判っていたので、そんな事にはとりあえず触れなかった。外山も機嫌よくずっとケラケラと笑っていた。しんみりした雰囲気には全然ならなかった。

時が過ぎ、店を出、さあこれで解散となった。
ああ、これがいわゆる「今生の別れ」なのかなと思ったその時、さっきまで笑っていた外山が一瞬悲しそうな顔をした。

それが今回の写真。
僕の撮った(今のところ)最後の外山は、珍しく悲しい顔の外山となってしまった。


.

2011年11月25日金曜日

昨日のジャムコント

昨日24日は、道頓堀中座くいだおれビル地下一階のStudio ZAZAで、ジャムコントの木曜定期公演でした。疲れててしんどかったので休もうと思ってたのに、強制的に参加させられました。ちくしょー!

公演の詳細は公式ブログで。
ここでは個人的意見をば。

まず、集合時間が朝10時に変更になったという事実を、早朝4時に連絡してきた福人(ふくんちゅ)をしばいてやりたいです。しばいて、しばいて90分です。あのアホめ!

さて、この日は「舞台の神」が降りてきたかのようなとても面白い回があったのですが、その肝心の一番面白いところで録画していたテープの残量が「0分」になるという、これまた奇跡が発生。福人が会場の大爆笑をかっさらったシーンは永遠に幻となりましたとさ。

ちなみに福人が会場の大爆笑をとり、なおかつ録画機器の不調でそのシーンが撮れていなかったのは二度目。記録に残らない男、それが福人。

芸人チームは、新加入の森井ちゃんがうまく舞台を引っ張ってくれるので、やりやすくてありがたい。森井ちゃんと月見峠・大村が居れば、芸人チームは安泰だろう。例え福人が居ても…。

監督は今回からくじ引きでランダムに選ぶというルールになった。おかげで監督を一度やらせてもらったのだが、予想以上にありきたりな演出を選んでしまったような気がする。監督って難しいねぇ。あんまりやりたくないわ。

舞台終了後は、ジャムコントの説明用ビデオの撮影。
ビデオの出演で立ったり座ったりを繰り返したので、今、臀部(平たく言うとケツです)が筋肉痛です。いてて。

この「ジャムコント説明用ビデオ」は、早ければ来週、遅ければ期日未定で公開されます。多分。知らんけど。

次回は来週の木曜日。
では、みなさん道頓堀で再びお会いしましょう。

2011年の活動カウンター
(89 + 4 = 93 ステージ) と (24 + 1 = 25 ラジオ)




.

2011年11月23日水曜日

出撃!福人劇団!!

去る11月20日、ジャムコントは初めて道頓堀を離れ、遥か彼方の泉佐野で舞台を行なってきた。劇団名はなんと「福人劇団」。座長は当然ながら福人(ふくんちゅ)。
地域のお祭のアトラクションとしてのジャムコント。今回は変則舞台として、ペーパーズを2回、そして起承転結を1回演じてきた。

いつも通り舞台の詳細情報は公式ブログで。
こっちは個人的見解をば。

「本番中のひとコマ」
舞台はいわゆる「普通の体育館」。かなり大きいし、客席も相当に数がある。そして、お客さんは子供からお年寄りまで60~70歳ぐらいの幅がある。
いつもとは勝手が全然違うのである。

とにかく舞台も会場も広いので、遠目から見ても個人が特定しやすいように各人色違いのTシャツを着ることにし、ペーパーズと起承転結の各場面もいつもの倍の時間、3分で演じることにした。

しかし、3分というのは相当長い。
ジャムコントのお手本となったアクトリーグはひと場面が3分。なのでアクトリーグ出場経験のある俳優チームは3分の長さを大体は把握している。しかし、我々芸人チームには未知の時間感覚である。
俳優チームは「3分の方が(ストーリーに幅を持たせれるので)やりやすいよ」と言っていたが、正直言って不安で仕方なかった。
やったことの無い方法を大きな舞台で初めて試すという「行き当たりばったりな舞台経験」は、実は今までかなり豊富にあるのだが、この時ばかりはさすがにナーバスになって「今日は舞台に出たくないなぁ…」と思った。
いや、舞台に出たくないのはいつもの事やけどね。つまり出たくない加減が違ったという事。多分。数値に出来ればの話であるが。証明は出来ない。したくないし。して欲しくもない。

ま、それはさておき。

不安ながら3分の舞台をやってみたら、これがかなり面白い。
「長い沈黙」とか「じーっと見つめ合う」とか「長台詞」とか、今までの90秒パターンでは出来なかった方法がもれなく使える。どっちかと言うとこれからも3分パターンでやりたい。それぐらい面白かった。
なんでもやってみんと判らんもんやな~。

ちなみに今後の木曜公演でも時間に余裕のある場合は3分バージョンの起承転結を行う予定である、という感じで話がまとまりつつある、とかないとか言うような事を小耳に挟んだ、ような気がせんでもないので、ご来場の方はどうぞご期待下さい。

さらに「各人の色違いTシャツ」は、今後のジャムコントでも導入されます。今のところ決定している色は以下のようになってますので、以後ご参考に。
  1. オノ・レッド(赤:小野愛寿香)
  2. ナカ・グリーン(緑:那伽けん)
  3. ツカ・パープル(紫:大塚宣幸)
  4. テツロー・イエロー(黄:テツロー)
  5. フク・スプリンググリーン(萌黄:福人)
「テツロー・イエロー」は語呂的には素晴らしいのだが、すっかり中年太りした私は絵面的に完全に「キレンジャー」扱いとなってしまっていて、なにか物悲しいです。

それにしても、今回の舞台で我々芸人チームは、小野愛寿香、那伽けん、大塚宣幸という三人と共演し、さらに通常公演では上田ダイゴ、一明一人等々と同じ舞台に立たせてもらっている。もしかしたら関西の若手舞台人から相当羨まれてる、もしくは相当恨まれてるような気がせんでもない……。
舞台関係者のみなさん、悪気はないので恨まないで下さい。お願いします。恨むなら座長の福人を恨んで下さい。アレは恨まれるのに慣れてるそうです。

最後にちょっとだけ。

今回は舞台も面白かったけど、行き帰りの道中もまるで遠足にでも出かけているような楽しさでした。普段は他の人とあまり接触を持たず、一人無頼に生きてる私ですが、今回は「劇団っていいなぁ」と思いました。
出来ればまた、みんなと一緒にどこかへ遠征がしたいです。

どこかのイベントプランナーの方、どうか「福人劇団」を呼んで下さい!
なかなかのモンやりますよ!


2011年の活動カウンター
(87 + 2 = 89 ステージ) と (24 + 1 = 25 ラジオ)


.

2011年11月14日月曜日

本日のラジオ

本日もまたKOBE FM MOOVの「巷・麻美の絶対安全日」にゲストで出させてもらいました。Wゲストのもうひと枠は、韋駄天の三木くんでした。

スタジオに入る前に三宮に新しく出来たカメラ屋へ寄ってみたら、中古だけどとても良い感じの携帯型三脚があった。いくらなんかなと思って値札を見てみると、なんと315円。あまりの安さに、勝手に3,150円と勘違いして、商品棚に戻してからもう一度手に取って驚くという、ベタな二度見をしてしまった。
もちろん即購入。いい買物でした。

放送は、下ネタをベースとしつつ、勢いのある盛り上がり感がとても上手くいったと思った。まあ、後で実際の放送を聴いてみたら酷くて死にたくなる時もあるから、本当のところは良く判らんけどね。でも、勢いはあったな。勢いだけは。

放送終了後は、河合くん、三木くんでまたお好み焼きを食べに。前回の「はよ帰れオーラ満開」のお店は避けて、別のお店へ。スジ入りのお好み焼きがどれほど美味しいのかを試してみたかったのだ。
スジ入り豚玉というのを頼んだが、これは確かに美味かった。ちょっとお好み焼きの概念を変えられたなと思うぐらいの変化がある味わいだった。大げさですか?大げさですね。判ってます。
でも、今後は神戸でお好み焼きを食べる時はスジ入りを頼もう。入れるだけある美味しさだよ、あれは。

しかし「スジ」じゃなくてなんか別の言い方をしてたな。なに焼きやっけ?
……忘れた。
まあ、ええわ。

そんなラジオの夜でした。

2011年の活動カウンター
(83 + 4 = 87 ステージ) と (24 + 1 = 25 ラジオ)


.

2011年11月11日金曜日

昨日のジャムコント

昨日も道頓堀中座くいだおれビルで元気にジャムコントでした。初めての平日定期開催でした。

詳細は公式レポートで。
こっちはテキトーな個人的意見を。

木曜日という良く判らない平日に開催されることになったジャムコント。
お客さんは平日に観光されてる方々。修学旅行の学生さんとかね。

大変でした。
体調不良で。

でまた、大変ですよ。
集客が。

さ・ら・に、大変な事になりました。
舞台内容で。

一回、大きな「舞台事故」もありましたからね、今回は。
ああ、怖い怖い。
即興コントは、怖い。

ちなみに、鬼のように豊富な長髪をだらりと垂らしたおかげで、M.V.Pを一回貰いました。
それは「パンテーンのCM」を撮るというシチュエーションコントでした。
でも、実際に私が家で使ってるのはヴィダルサスーンです。
ブラシもヴィダルサスーンです。

でも、生涯で一番良いと思ったシャンプー&コンディショナーは「ヘレンカーチス」です。あれは高いけど本当に最高でした!

ま、そんなジャムコント。
次回開催は次の木曜17日。
僕は出ませんが、是非見に行ってやって下さい。
多分、面白いです。


2011年の活動カウンター
(83 + 4 = 87 ステージ) と (23 + 1 = 24 ラジオ)




.

2011年11月6日日曜日

昨日のジャムコント

先日11月5日は、11月の第一回ジャムコント開催日でした。場所は相変わらずの道頓堀中座くいだおれビル地下一階 Studio ZAZA。貸切公演を含む5公演のどえらいしんどい舞台でした。

詳しいレポートは公式ブログに任せて、いつも通り個人的な雑感をば。

あいにくの雨でしたが、なんと5公演もやってきた。
うち2公演はジャムコント史上初めての貸切公演!
ジャムコントも出世したもんだ。立派、立派。

しかし、タイムスケジュールの”ケツ”はいつもと同じなのに5回公演をやったので、途中に休憩が全くなく、おまけに貸切公演ではサービスで手品までやることになってたので非常に疲れた。

さらに舞台終りは小走りで仕事へと。

仕事もまた忙しかったりして、おかげで舞台の内容はきれいサッパリ忘れてしまった。
しかし、なぜか福人と抱き合ったような、そんなことを薄ぼんやりと憶えてる。なぜあんな若ハゲごまかしのオールバックと舞台上で抱き合ったのか?
意味が全く分からない。謎だ。謎すぎる。

とにかく非常に疲れた上に、舞台写真を撮ろうと思ってセットしていたカメラがうまく作動していなかったため、家に帰ってから写真を観ようとしてさらなる精神的ダメージも受けた。損害賠償請求をしたいぐらいのダメージだった。

今月からは第二週以降は毎週木曜日も開催されるジャムコント。
大変ですよ。体力的に。
ホントに。

やっぱり、毎週の木曜公演に出るかどうかは、ちょっと考えてから判断しよう…。

ま、そんな11月のジャムコント初日でした。

2011年の活動カウンター
(78 + 5 = 83 ステージ) と (23 + 1 = 24 ラジオ)




.