2011年12月30日金曜日

ジャムコント年末年忘れスペシャル

29日は、初の夜公演「年末年忘れスペシャル」も含む木曜ジャムコントの日でした。場所はもちろん道頓堀中座くいだおれビル地下一階のStudio ZAZA。

公演終了後お客さんと
(公式ブログより)
詳しい内容は公式ブログにてどうぞ。
こちらでは個人的な感想をば。

この日、僕は仕事の都合で昼公演には出れず、夜のスペシャルイベントもなんと開始10分前に滑りこみで入場。おまけにこの夜公演のための打ち合わせにもリハーサルにも参加していなかった(12月のマジシャンはとても忙しい…)。
そんな訳で会場入りの後、数分で打ち合わせの概要を聞き、すぐに舞台に出たのだが、いやいや、スタッフのリハーサルの入念さが舞台に立っていてもひしひしと伝わってきた。
音や照明のタイミングはばっちりだし、ジャムコントの「肝」であるカウントダウン表示も新規の「3分間バージョン」があったりと、やっていてとても嬉しかった。

また、出演メンバーやMCさんも立ち位置や進行のリハーサルを相当細かくやっていたようで、進行が全く判らなかった僕も、まごつくことなく内容についていけた。ありがたや、ありがたや。

さて舞台内容はと言うと、久しぶりに芸人チームと俳優チームの対抗戦を行なって、かなり頑張ったのだけど、結局、俳優チームに負けてしまいました。
結果発表の前、芸人チームはある程度勝ちを確信していたので、M.V.Pや準M.V.Pまで俳優チームに持って行かれるという「完全敗北」は、まさに予想外の結果でした。お客さまジャッジの点数はかなり僅差だったのですが…。

やはり俳優チーム強し、というところです。
層が厚く、「引っ張る力」が強いのが俳優チームの怖さ。
芸人チームは、ストーリーの一点を突いて「ここは面白くなるぞ」という嗅覚は働くけど、ストーリー全体を前に進めるのが相変わらず下手だった。

でも芸人チームは今まででも一番良い舞台をやれたような気がする。
タクミの声が出ないというアクシデントも良い方向に昇華できたし、あの辺りは芸人チームの真骨頂だったように思う。

芸人チーム!来年の年末スペシャルは勝てるように頑張ろう!


そして、最後にふたつ。

超満員のお客さまに感謝です。
昼の3公演も満員公演だったようで、29日は4公演で200人以上のお客さまに来て頂きました。これは今までのレコードです。

もうひとつはスタッフへ。
音響、照明のスタッフさん、どうもありがとう。
そして、出演者でありながら記録係にまわってくれた森井ちゃん、出たかっただろうに本当に申し訳ない。ありがとう。


このジャムコントスペシャルイベント出演で僕の2011年の舞台活動もおしまい。
2012年のジャムコントは1月9日(祝日)からスタート。

みなさんのまたのお越しをお待ちしております。

2011年の活動カウンター
(105 + 1 = 106 ステージ) と (27 + 1 = 28 ラジオ)  


2011年の活動総括
106回のステージ出演
28回のラジオ出演


以上
.

0 件のコメント:

コメントを投稿