2016年2月24日水曜日

「理不尽」とは双方向に別の意味がある

また、息抜きの天鳳。
息抜きだけの人生が好きです。

ベッタ(最下位)でございます
とりあえず連荘を目指そう
役牌の対子が命綱なんでござんしょうか?

一応ホンイツも見て二索を切る

そこへ突如襲いかかるWリーチ
神も仏もないものか?

えーい、もうまっすぐモードだ!
ツモ切り!
丁寧にとか知らん!

赤伍萬チーして八索
「發でいいやん」とかの意見は聞かない
八索先切りは心意気

白をポンしたら追っかけリーチまで来た
なんて無慈悲な

あっ、東重なった
打二萬もあるけど……

中を切っちゃう
怖い怖い

あ~あ、結局一萬の方が来ちゃったよ
仕方ない

五筒だちくしょう!
当たるなら当たれ!

と、通った……
ありがとう神、ありがとう仏

五筒通った後にダブ東ポン成功!
そして

この七萬は通る!
もしやこれは……

やはりそうなのか!
逆転への細い道を通ってペン三萬登場!

逆転勝利のハネ満
これにてこの東風戦終了!

ま、なんと言うか、こんな事もあるんですよねぇ。

最下位で、たいして良くない配牌。
そこへ来てWリーチと追っかけリーチがトドメを刺しにくる。
だけど、それにブチ切れてまっすぐ打てば、結果、最下位から突き抜けてトップで終了。
Wリーチの人からすれば、まさに悪夢だ。

こういうラッキー過ぎる事が時々あるから、逆にどんな理不尽に思える負け方をした時でも「麻雀はそういうゲームだ」と明るく思うしかない訳で。

だから、理不尽(と思えるよう)な負け方をした場面よりも、こういった「訳の判らない勝ち方」をした場面を憶えておく方が、精神衛生上は良いと思う。

「自分ではどうしようもない」という意味では

「理不尽な負け方」も「訳の判らん勝ち方」も等価である
(麻雀における等価原理)

なのだから、気分の良い方を憶えておけばいいのだ。

これが僕の最近の悟りです。
(えっ、気付くの遅いって?)

ま、それが真理なのかかどうかは知らんけど~♪

.


2016年2月22日月曜日

信天翁の飛来に備えよ!

作業の合間に天鳳。
最近、天鳳ばっかりやってる印象であるが、実際はそんな事ないです。合間にしかやらない。ホント、ホント。

少しだけ勝ってる東二局の親


対面が激しく攻めてきます
これで三副露目
怖い……

対面に気をつけながら、と
赤伍萬を引いてポン良し、チー良の体勢

あっ、エエとこ引いた
もうガンガン行くぜ!

対面が加槓して槓ドラが四索!
これでもう降りない!

おっとっと
先にリーチに来られちゃったよ

この六索のチーはあるのか?
ちょっと逡巡

あっはっは!
テンパイしたぞ!

でも、ツモ六索を欲張ってダマ

あら、もう一回ツモ四筒……
これ切ったらテンパイなのバレるし
それならリーチでGO!

通った!
ありがとう神、ありがとう仏

そして、高目中の高目ツモ!
どすこーい!

オールスター揃い踏み+裏裏で三倍満!
久しぶりの三倍満様御来場!!

という事で、麻雀界のアルバトロスこと、三倍満ツモでした!
ひっさしぶり~。

どのぐらい久しぶりなのかと調べてみると、去年の2月16日以来でした。
ちょうど一年ぶり。
さすがはアルバトロス、なかなか姿をお見せにならない。

ちなみに「信天翁」とはアホウドリ(アルバトロス)の事です。

さ、仕事しよ。

.

2016年2月21日日曜日

あがってあがって、休んで休んで、あがってあがって、休んで休む

確定申告の書類作成の合間に天鳳をば。

この東風戦はどんな内容になるのだろうか?
とりあえずゲームスタート!

先制成功3,900点ゲット!

さらに親番で加点だ!
すいません12,000点!

紆余曲折の手順で安目ながら18,000点!
開局から三連続和了とはツイてるぜ!

うう!
俺の「流れ」を止めるような九種九牌
しかし、連荘は続行だ!

よしきた!
九種九牌では俺の「流れ」は止められないぜ!
12,000点+三本場

え?また九種九牌?
悪くない配牌だったのに……
なんの、連荘続行だぜ!

一旦ノーテン流局を挟んでの
3,900点+六本場!
まだまだ俺の「流れ」だ!

ええ?また九種九牌?
マジかいや、3回目やん
ええーい、次、次!

あ、この配牌は……
ヤバい
絶対ヤバい

ほら来た!
やっぱり来た!
いつもならノータイムで六筒切って国士無双狙い

だけど、今回はみんなの真似をして九種九牌!
「真似する必要ないやろ!」
そんな意見は無視です

おかげ(?)で僕の「流れ」も終わり
「和了り独り占め計画」は失敗に終わった

なんと東風戦で都合4回も九種九牌が発生するという珍しい事態。
凄いね!(ま、四回目はワザとやけど 笑)

ちなみに僕は普段九種九牌でも倒さないんですけど(国士無双を狙うから)、今回久しぶりに倒してみました。
残念ながら爽快感とかそんなんはなかったですけど、「やったった感」はありました。

東風戦で九種九牌が四回。
この記録を抜く日は来るのだろうか?

乞うご期待!
.

2016年2月19日金曜日

「僕はマジシャンなんですけどね!」と叫ぶライブ ”イチモクサン”

2月18日(木)に、東成区民センターが月イチでやってるイベント「イチモクサン」に出演してました。

ステージから客席を見る
僕には大き過ぎるキャパだな(笑)

この「イチモクサン」は同じ事務所の後輩「ニューポップスオーケストラ」が中心となって行っており、もう二年も続いているというライブなんだそうな。
実は、この手のライブが二年続くというのは、結構すごい事なんですよねぇ。ライブを主催したことのない人には理解不能だと思いますけど。

会場の東成区民センターもむちゃくちゃ綺麗な良いところだったし、その辺になにかちょっと感動してしまった。

ま、感動したからと言って、演ることが変わるわけじゃないんだけど(笑)

ライブ自体は基本的には音楽主体のライブで、その中にひとコマ「おすすめの芸人コーナー」というのがあって、僕の出番はそこでした。

いや、僕、一応マジシャンなんやけどね。
確定申告の職業欄は「芸人」って書かれるから間違いではないけど。

まるでピアノリサイタルのような雰囲気
ピアノは弾け……ません

出演終わりにニューポップスオーケストラと
いい加減な受け答えをして困らせるの図

ライブ自体はとても気持ちの良い面白いものでした。
ウッドベースの音があんなにもいい音だとは知らなかったなぁ~と、そんな発見もありましたし。

ただ、出演終わりに楽屋に帰ったらこんな光景が……。

おいっ!お前誰やねん!

予期せぬ人物(?)が僕の席に座っていたので、声出して驚いてしまった。
チャッキーの怖さが今初めて実感出来た。

で、着替え終わってトイレに行って、ロビーへ出たら……

無人のロビーに佇むコイツ
どうやって移動したんや!

わー!
移動しとる!

なんなん、コイツ……。
怖い。

この人形の正体を知りたい人は「イチモクサン」を観に行ってみると良いと思います。

「イチモクサン」は、
・月一回
・第三木曜日
なので ”いちもくさん” なんです。

もうこれで3月の開催日は判りましたね?
次回は是非「イチモクサン」を観に行って下さい!
ね?


「イチモクサン #23」2016年2月18日公演
出演者:(出演順)
 ニューポップスオーケストラ
 左京
 青春ドリル
 伊藤拓海
 杉たかし師匠
 向町テツロー
 平倉家


.

2016年2月14日日曜日

友よ、答えは風牌の中にある

朝からPCの設定をイジって、再起動から立ち上げ不能に陥り、あーだこーだと手を尽くし、ようやっと直った16時過ぎ。気晴らしの天鳳をば。

見事なまでの同点二人凹み・二人勝ち状態

ホンイツを狙うと、ドラポンが入る
上家のドラ切り、下家のドラポン

やっと役牌が対子った
しかし、まだ遠い

とりあえずダブ東が鳴けたので役は付いた

よし!南ツモ
ホンイツダブ東テンパイ!
しかし……

テンパイに取らず六索を切る!
この六索切りは小四喜しか和了らないという決意表明だ!
名刺代わりの六索、持っていきな!

四索も捨てて退路を断つ!
ああ、怖い!

あ、あれ?
対面さんは大三元ですか?
弱ったな……

よし南鳴けた!
小四喜テンパイ!
しかし、上家の不気味な怖さよ!

来た!北ツモ!
どすこーい!

48,000点、ごっちゃんです!

ま、打六索・四索のところはスジ悪だけど、和了れたし「勝てば官軍」という事で(笑)

しかし、1月下旬から4回目の役満だな~。
四暗刻、四暗刻、四暗刻ときて、小四喜。
すごいね?

ちなみに、小四喜は英語では「Little four winds」と言います。
「Four Little Winds」じゃないので、気を付けましょう~。

.