2014年5月31日土曜日

写月のイースター

イースターさんでの「謎のゲスト活動」も写月(五月)分が終わったので、成績の集計を出しておこう。

イースターへと歩を進める女性(想像図)
(PlaceIMGより)

ゲスト10回目:5月27日、28日、30日
シリーズタイトル: "Re-Birthday"

五月のイースター参加シリーズは、一回三日間のみ。この三日間のスタートとなった27日は、僕の誕生日。そして、偶然にもイースターのオープン一周年記念日だった。

27日の成績:1-1-1-4
この日の一言:「ダブル誕生日」という事でかなり気合を入れて頑張ったんだけどねぇ。結局後半に4連続ラスを喰らってしまった……。詳しい顛末はこちらでどうぞ

28日の成績:2-1-3-1
この日の一言:調子は凄く良かった。トップからほとんど離される事もなく、ほとんどの場面でトップ目を走っていたのに、肝心な所で引き負け、ツモられ、オリきれない。そして気がつけば三着。そんな日でした。

30日の成績:2-5-1-0
この日の一言:出た!久しぶりの完封勝利!トップが少なくてもラスが無いと気分が良い。キワドイの三着目や単独ラスから自ら和了って順位を上げていけたのは、かなり良かった。この日は、いわゆる勝負所の危険牌が全部通るという奇跡的な日でした。

はい、そんな訳で五月の成績、ドン!

トップ5回 / 二着7回 / 三着5回 / ラス5回

トップーラスは同数ですけど、連帯で見れば勝ち越しですかね?
まあ、どっちにしてもぼちぼちの成績ですけど。

で、それをふまえた上でのイースターでの通算成績、ドン!

トップ47回 / 二着48回 / 三着50回 / ラス68回
(前回、集計ミスがあったが、ここでは修正済み)
トップ数が一番少ない……。
トップーラスの差「21」。縮めるのは大変だ~。

さて、今月は「ちょっとした写真」を撮ってないので、これにてオシマイ。
来月も頑張るぞ~。


.

2014年5月28日水曜日

ボロボロになる記念日

27日は久しぶりに「ワケの判らない」雀荘のゲスト活動 in イースターでした。ほぼ一ヶ月ぶりです。

お店に着くと、なにやらいつもと様子が違う。
なんとイースターさんは、この5月27日でオープン一周年。これはこれは、おめでとうございます!

そして、この5月27日は僕の誕生日でもある。なんという偶然!
そんな訳でこの日は「ダブル生誕祭」となった。

オープン一周年記念とあって、ゲストは豪華にプロが二名も!
日本プロ麻雀協会から麻生ゆり&鳥井ゆうという「二人とも名前がひらがなコンビ」が来て下さいましたよ。スミマセンね、僕だけアマチュアで名前もカタカナで。

それはともかく、「ダブル生誕祭」なので、いつもより気合を入れて頑張った。

まず一回戦は三着。
まあ、なにもしてないし。ラスじゃないなら御の字の結果。

次いで二回戦は二着。
ぼちぼち和了りも出始め、トップ目に立ちながらも最後にツモられてまくられる。
まあ、振り込んだ訳じゃないしOKだろう。

そして三回戦、よしトップ!
キチンと打てたし、オリも上手く行った!

3 → 2 → トップとトントン拍子に順位が上がって、さあこれからというタイミングで僕には絶対必要な「ケツの痛みを緩和するため」の休憩に入る(痔じゃないよ)。

そして、休憩中になんと漫画家の片山まさゆき先生ご来店!
昨日のGPCぶりです。

休憩明けは片山先生との対戦でした。この時は、調子も上向きのうえに昨日のGPCでは片山先生から「対々和 役×2 ドラ4」という倍満を和了り、先生を「どん底ラス」に突き落とした経験から、「うっひっひ、今回も勝っちゃうよ~」とか思っていたんですが、現実にはいきなりの2ラスでした。
あれ?

そして、今度は卓を替わって鳥井プロの居る卓へと。

夕刊フジ杯の時とは違い、えらくフェミニンな格好の鳥井プロ。
「あら、良いですね~」とか言ってたら、そこでもまた2ラスを喰らう。
あ、あれぇ?

ということは、「3 → 2 → トップ」からの「4 → 4 → 4 → 4」じゃないかー!
結局、大幅な負け越し。
情けなや。

情けない成績にむせび泣く私と
それを指さして微笑む鳥井プロ(フェミニン仕様)
まあ、そんなボロボロになる誕生日でした。
ちゃんちゃん!

続きにちょっとだけハイライト。

2014年5月26日月曜日

GPC関西著名人リーグ 第二節

GPC <Good Players Club>
26日はGPCの関西著名人リーグ第二節でした。

去年もそうですが、この第二節は僕の誕生日の直前に開催されるので、僕としては是非とも優勝して誕生日に花を添えたい、そう思ってる訳です。なのでこの第二節だけは、いつもと違って「トップじゃないなら順位に意味が無い!」という麻雀を打ってます。
そしてもちろん今年もそうでした。

結果としては、トップ、トップ、二着と来て、最終戦次第では優勝もあったのですが、最終戦は痛恨のラスを喰らってしまい、なんと総合4位となってしまった。
残念過ぎる!!

そんな訳で今年も誕生日の「優勝プレゼント」は失敗でした……。

麻雀の内容としてはアレだが、今日は実際には凄くツイていた。
倍満テンパイが2回(うち一回アガリ)、大三元テンパイが1回、四暗刻と小四喜の一向聴が一回ずつ(四暗刻は鳴いて対々和ドラ3で出和了り)、放っておいても手が勝手に高くなっていくというのが何度もあった。

1回戦は、薄いトップを守り切っての勝利。
2回戦は、一人ダンラスから南場に倍満を和了って、最後はオーラスで裏が2枚乗ってトップを刺した。
3回戦は、オーラス、11,700点差の二着をハネ満出和了りでまくる。

と、まあ、本当にツイてました。
逆に言うと、これだけツイてる日でも勝てないのなら、もはや優勝の目は無さそう。マジメにそんな気がする。

ちなみに今回の優勝は、またもやコイツ!

腹立つねん、中矢!!
今度舞台でどえらい目に合わせたるからな!

そんな、GPC第二節でした。
来月は、普通に頑張るか、観戦に回ります。
麻雀は見てるのが一番楽しいです。いや、ホント。

.

2014年5月22日木曜日

将棋

羽生善治さんの名人位奪還があまり話題になっていないような気がする。

言うまでもなく、将棋は日本では一番メジャーなボードゲーム。
そして名人位は将棋界では一番古く、権威があり、一般人が最も耳にするタイトル名。
さらに羽生善治さんは、将棋界では突出して巷に有名な方。

その 将棋 × 名人位 × 羽生善治 の三代メジャーブランドにプラスして「四連勝」かつ「史上初三度目の戴冠」なのに、それがあまり話題になってない(ような気がする)。

Yahoo!ニュースの「国内トップ」にもリンクがないし、「エンタメ」にもリンクがない(2014年5月22日 23:00現在)。

電王戦は毎回結果がYahoo!ニュースのトップに出ていた。
関連記事もついでに出てた。
それが、今回は全然記事らしい記事が見当たらない(速報はあったが)。

もしかしたら、将棋は今、ゆるやかに衰退していってるのかも知れない。
電王戦のせい、ではないような。
でも、ちょっとは影響があったのかも?

もし今期の竜王戦で、羽生四冠が永世七冠を達成しても世の中が電王戦よりも静観するのであれば、これはいよいよもってヤバイような気がする。

今後も将棋がなくなる事はないと思うが、なにか今までとは違う「雰囲気」が形成されようとしてるのかも知れない……。
それがなになのかは、僕には判りませんが。

実は将棋は全然知らない(駒の動かし方も知らない)。
でも、将棋の世界観は好きなんで、将棋界とその周辺が活発であらんことを願います。


.

2014年5月14日水曜日

寿限無、寿限無……

車で移動する時、良く利用してますよ、Times駐車場
どこにでもあるので便利ですよね?

別にTimesに限らないが、駐車場の名前ってのは実に無機質で、多分ほとんどの人は、事故やトラブルが無い限りあまり意識した事もないと思います(ちなみにTimesは、「タイムズ + 地名(+ 第◯)」というフォーマットで命名されている駐車場がほとんどです)。

僕は興味本位で駐車場の名前をよく見てるんだけども、今日、とてつもなく珍しい駐車場名を発見しました。

それがコレ。はいドン!

「タイムズ多根記念眼科病院・多根総合病院検診部診療所」

長い!
おそらく、今まで見た中で最長の駐車場名。25文字(中黒込み)。
「多根」と「病院」を同類項で分ければもうちょっと短く出来るが…。

なんとなく、この駐車場ではトラブルが起こってほしくないですね。Timesに電話でこの駐車場名を伝えるのが面倒くさいし。寿限無みたいになりそう。

ちなみに場所はここ。


京セラドームのすぐ近く、かっぱ寿司の隣です。
興味のある人は行ってみると良いと思います。

そして、この駐車場より長い名前の駐車場を見つけた人は、是非ともご連絡下さい。
待ってます。

※"Times" は「タイムズ」って発音するんですね。ずっと「タイムス」って言ってた。世の中は意外とこんな所が勉強になる。


.

2014年5月6日火曜日

麻雀でたったの三役。でもバカにできない結果になる場合もある。そんな場面をどうぞ!

出た!
また出た!

麻雀界のアルバトロスこと三倍満を、ツモ和了ってしまった。
三倍満は今年二回目。

三倍満様の神々しい御姿
役はたったの三役(リーチ、ツモ、タンヤオ)しかないのに三倍満。
次は、ツモのみで三倍満を目指すぞ!


.


目の錯覚

単純に紙に描かれたものなのに、人間の目が、脳が、ダマされる「目の錯覚」。

長いモノが短く見えたり、大きなモノが小さく見えたり、モノクロがカラーになったり、止まってるモノが動いて見えたり、まっすぐのモノが歪んで見えたり。

その効果は様々だが、今日(こんにち)、また新たな目の錯覚が生み出され、いや、見出された。そう、私テツローによって。

まず、この写真からご覧頂こう。

からっキー
これは、知る人ぞ知る向日市激辛商店街のゆるキャラ「からっキー」。JR向日町駅の前にでーんと立っている(常設)。この「からっキー」は、主に激辛グルメの祭典「Kara-1 GP」の時に活躍する、そんなキャラである。

次にこの画像を見て頂こう。

愛称募集中の忍者キャラ
これは、新しく創造されたPiTaPaのシンボルキャラクターで、今現在愛称を募集されている奴、「忍者くん(仮)」である。

この「忍者くん(仮)」は、「からっキー」を見てから見ると、なんと

長く右に湾曲したアゴを持つキャラ

に見えてしまうのだ!
ええー!
マジで~!?

では、検証のため、今度は連続で比べてみよう!


ほら!?
どうだね諸君!
もはや「忍者くん(仮)」のアゴが右に長く垂れ下がってるようにしか見えないだろう?

これが本日見出された

「長く曲がったアゴを持つキャラを見たあとは、ちょっとした線のアヤで別のキャラまでもが長く曲がったアゴを持つように見える」錯覚

である!

このような錯覚を今後は「テツロー錯覚」と呼ぶことにする。

また、世界の科学史に名前を残してしまったか……。


.

2014年5月3日土曜日

マニアならせめて画像だけでも見ておけ!Like A Rolling Stoneのディラン直筆歌詞(高精細版)

ボブ・ディラン屈指の名曲 "Like A Rolling Stone" の直筆歌詞がこの秋オークションに出品されると、ネットでニュースになっていた(例えばこことか)。

落札されるとすると1億 ~ 2億円の間だろうと予想されているので、ヤフオクで安い中古のカメラを必死で捜している僕には永久に手が出そうもない逸品だ。でも、せめてどんなモノなのか、画像ででもいいから見てみたい。

そう思ってここ何日かネットを徘徊して探していたのだが、あまり大きな画像がない。せいぜい600ピクセル程度の「拡大画像」があるぐらいで、ほとんどはリンク用のアイコンサイズしかない。
しかも、その拡大画像も4枚揃い踏みの画像はあっても、用紙一枚一枚の画像はない。

「そら、この手の画像の高精細なヤツは出回らんよな~」

そう思いあきらめていたところ、時々見ていたニュースサイトの "entertaiment > MUSIC & ARTS" コーナーに、えらく小さいディランの画像があるのに気が付いた。

右下に小さくディラン
(よく見つけたと褒めて欲しい)
マウスオーバーさせてみると、こんな事が書いてある。


あっ、これはまさしく、例の記事じゃんか。
でも、ここもどうせ小さい画像だろう。ディラン自体小さい画像だし。扱いが全然大きくない。オマケにリンクも深すぎる。トップから三段目の記事だ(トップページから3クリック要るという意味)。

そんな事を1mm秒ほど考えながらとりあえずはクリックしてみる。

するとビックリ!
今までどこのサイトでも見たことがなかった超高精細な画像が!
そして、各一枚一枚の画像までもが!
ありがとう DAILY NEWS AMERICA
君を信じて良かった!

以下、画像へのリンクを張っておきます。画像だけ見たい人はどうぞ。
記事も見たい人は、ディープリンクですがここを見てください。

四枚揃い
(970 x 871)

Page.1
(970 x 1561)

Page.2
(970 x 1575)

Page.3
(970 x 1566)

Page.4
(970 x 1557)

.