2018年5月28日月曜日

ヴェストワン・カップ 2018 (2) 一回戦の南場

一回戦の東場はこちら

では、一回戦南場をどうぞ!

こんな配牌で南場はスタート ドラは二萬
「鳴いても純チャン三色なら満貫やな~」
と超楽観的に考える(笑)

残念ながら手牌はそんなに甘く進行しない(笑)
このツモ六萬でなに切りが正解?
僕は二索でしたけど、正直どうなのかな~?

ドラにくっついた!(笑)
九索を切る
合ってます?

六筒と九筒を入れ替えて
四萬をチーしてタンヤオへと

で、ツモ八萬
こういう形はホンマに判らん(笑)
安いのに判らん形にすな!(笑)
なにが正解ですか?
とりあえず、六筒を切った

さらにツモ八索
もう判らん(笑)
なんとなくで八萬

悩んでるうちに横移動で終了~
助かった(笑)
(助かった?)

南二局の配牌+第一ツモ ドラは七索
なんか楽しくなさそうな予感
無難に西から

ツモ二筒
辺チャンターツ3組対両面ターツ3組の熱い駆け引き(笑)
こういう優劣の無い役牌はどっちからが良いんですかね?
とりあえず、白を切ったら上家の親がポン

順調に先に埋まる両面ターツ(笑)
ドラが七索なので索子の上は残すとして……
こういう優劣の無い辺チャンターツの整理のセオリーは?
とりあえず、二索を切る

あっ、二索切り正解!(笑)
これで心置きなく筒子の下を整理出来る!

順調に先に埋まる両面ターツ(笑)
結局、ドラ待ちの辺チャンでリーチ
この北は対面に鳴かれます
そして……

その対面に北ドラドラの振り込み~
麻雀劇画だと「俺の和了牌(ドラ)を喰いとりやがった……」となる所ですが、
手牌の進行を見るに実際は違います(笑)

南場の親の配牌
この点差でこの配牌(ドラは白)
萎えるわ~(笑)

このツモ八索で僕は八萬を切ってるが
一萬で良かったような気もする……

このツモ三索で一萬を切ってる
ここも八索で良かったような気がする
二索を見落としてカン七索と思ったんだろうな(笑)

ほら、やっぱり見落としてたから理牌をやり直してる(笑)
しかし、この局はここで終わり
上家が下家に隠れドラ3を打って横移動
最後の親、終わる(笑)

南四局
このような点差でこのような配牌(笑)
だ・か・ら!

無理でもなんでもこういう形にせざるを得ない(笑)
当然、進行が遅いです

最後もノーテン罰符で終わり
一回戦はラスでした!

という一回戦でした!

東一局の即リーが打てなかった事がやはりマズかったと思います。
国士無双テンパイのところは、正直「勝った!」と思ったんですけどね~(笑)

では、次回の二回戦東場でお会いしましょう!

.

0 件のコメント:

コメントを投稿