2015年11月24日火曜日

音と光のマジック……、ではなくオペでした



人の舞台の音響と照明を手伝ってきました。

今まで自分の主催する舞台の音照はやってましたが、それは暗転・明転・出囃子だけだったので、いわゆる普通の演劇の音照のオペは初めての体験でした。
まあなんと言うか、いろいろ大変でした。

僕はこの舞台の企画が始まってから、約二ヶ月に渡ってほとんど全部の稽古に参加したのですが、音響と照明の詳細打ち合わせが始まったのは公演の10日前で、操作卓や照明の使い方のレクチャーを受けたのは同じく4日前という、なかなかムチャクチャな日程でした。

おかげで最初のゲネプロではタイミングを見る以外やることがなく、本番直前のゲネでようやく全ての操作手順を通しで行う事になり、そして、そのまま本番という感じでした。

見た目は格好いい僕の仕事場
タブレットは進行表用、iPhoneはビデオ操作用

公演は開場から終演までが約二時間半。その間、音響と照明を一人でやらないといけないので、これはなかなか大変でした。
また、劇中で使用する「音ネタ」と操作するフェーダーの数が今までに比べて桁違いに多いので、失敗しないようにかなり神経を使いました。特に舞台開始ど頭一発目の音と、エンディングテーマのボタンを押す時は絶対に失敗が許されないので、指が震える思いでした。

会期中に致命的な大きなミスはなかったが(小さなミスはたくさんあった)、「ここはもうちょっとこうしたい」という場面がいくつかあったので、それについては正直、心残りはある。


とりあえず、そんなこんなで長い長い二ヶ月の稽古期間と4日間の公演が終わった訳だが、個人的にはこの二ヶ月(と4日)はなかなか興味深くて面白かった。

僕は今まで「一人きりの(超)短期仕事」が多かったので「大人数で長期間」というのは初めての体験だったし、稽古終わりに(特定の)メンバーで飲みにいってブーブー、わーわー話をするのも今までしたことがなかったので、それはそれは楽しかった。

また、「音照のオペ」は出演者ではないものの本番の緊張感はかなりのものだし、「舞台を俯瞰して動かす」というのは、実際面白い体験だった。
さらに、若い出演者がコツコツ努力して演技を組み立てていく様子を見るのは、こちらもいい勉強になった。

「2015年の一年は、なんにもない一年だ」と周りに言ってたけど、この二ヶ月だけは特別な二ヶ月になったなと思います。
得るものが多かった。


最後に今回の舞台関連の写真を少しだけ載せておきます。

深刻なシーンでシリアスな表情を浮かべる須藤タイガ
これは照明の勝利だ!

電話を受ける美しい妹役・畑 彩弥香
これもやはり照明の勝利
(いや、彼女は可愛いですよ!)

舞台ではリハーサル、フロアでは小道具作り
本番まであと四日のカオスな状況

楽屋を離れ一人で本番直前までセリフの確認をする星見澄香
舞台を牽引する重要な役どころだった彼女には大変なプレッシャーがあった

本番中のひとコマ
新居直哉(左)と向山和孝(以下略)(右)
向山くんの持つ「センス」に注目

うっすらと字が見える
実はカンペになっているのだ
(最近のカメラの性能って凄いね!)

公演が終われば解散するのみ
みんな、さらば!

出演者のみなさん、今後もどうかご活躍を。

2015年11月3日火曜日

GPC関西著名人リーグ第八節

GPC = Good Players Club

GPC関西著名人リーグ第八節に行ってきました。というか行かないと規定打数に届かないのだ。

今回の関西著名人リーグは、現在のポイントリーダーである黒岩悠くんを始めポイント上位6位までの4人が欠場。さらに、黒子が3人入ってやっと四卓という、ちょいと寂しい節になりました。
片山代表もいらっしゃらなかったのですが、その代わりと言ってはなんですが久しぶりにババ副代表が来てくださいました!

今回もちょっと体調が良くない中での参加だったので、記憶は恐ろしく曖昧ですがとにかく四回戦を振り返ってみましょう!

一回戦:
もうすでに一回戦の事はほとんど憶えてないのだけど、先行リーチや仕掛けに苦しんだのだけ憶えている。「手にならん」、「また先手取られた」とそればっかり思ってたような、そんな朧気な記憶。

結果としては二着だったのだけど、最後まで「追いつけない」という感じでしたね。

トップの対面は半笑いさん
この点差が詰められない

二回戦:
二回戦はうってかわって、やたら和了れたような、そんな記憶。
東場の親で12,000(ホンイツトイトイ中)含む三連荘で6万点台に乗せた。

なのに、結果は二着。

なんと、一時58,000点以上の差をつけていた下家の天鳳位ASAPINに、南場の土壇場で5連荘をされ、かわされてしまったのだ!
およそ6万点をひっくり返すなんて……。さすがの天鳳位です。

ターニングポイントは、やはり東場の僕の親番三本場で飛び出したASAPIN氏のこの倍満でしょうか?

ASAPINの「メンチンピンフドラ1」が炸裂!

ただ、このアガリには疑惑が付きまとっている。
ちょっと検証してみよう。

以下の画像が、ASAPIN氏が和了った直後の画像である。
僕の点数表示が 61,600 (+300 積み棒)、下家のASAPIN氏が 3,500であることが読み取れる。

61,600(+300) - 3,500 = 58,400点差

ASAPIN氏のアガリは門前清一色・ピンフ・ドラ1であるから 6 + 1 + 1 で8飜。倍満である。
親は僕、ASAPIN氏は子であるから 16,000 + 3本場 + リーチ棒 = 17,900点の収入となる(リーチ者からの出和了り)。

そして、次の画像が牌を落とす直前の画像である。

んん?

センター表示を拡大

さ、さんまん、さんぜん、ごひゃく、てん……。

さすがASAPIN!
アガリひとつで一気に差を半分以上詰めて来やがった!!

いやいやいやいや、おかしい、おかしい!!

この場面、僕は当事者じゃなかったので全然気がついてなかったが(写真を撮ってたのは偶然です)、これまた当事者じゃない同卓者が気付いて点棒のやり取りを再確認。結果、事なきを得たという次第。

という訳でASAPIN氏の58,000点差逆転劇は正当なものです。
疑惑解消。

という事で、結果は5万点持ちの二着。
悔しいです!

二回戦結果
ASAPINの猛攻を1万点削ったぐらいで凌いだんだからエライと思う

三回戦:
三回戦はババ副代表と同卓。

久しぶりにババさんとの対局なので「よしよし、面白い麻雀を打ってやれ!」としょうもない事を考えて、東二局に「チートイツ → メンホン・チートイツ → メンホン二盃口」という超絶ギリギリ(アホ)な渡りを打ったら、それ以降全然手にならなくなり、一人ノーテン地獄に陥る。

17,000点台でラス街道をひた走っていたが、幸い、南場に入ってすぐに「無理矢理仕掛けた感の強い」ホンイツ発中がリーチ者からぽろりと出て、そこからは順調に加点。なんとかトップで終われた。

ちなみに、そのホンイツ発中をテンパイの場面、残りツモが4回の時に、場に1枚切れの白を掴んで「あっ、これババさんの手前、大三元和了ったら受けるやろな……」とやらしい事を考えて長考してしまいました。スミマセン!

この「大三元を和了れなかった」は、実は四回戦への伏線になります。

三回戦結果
ラス目からトップへ

四回戦:
四回戦が始まる前に、今季の関西著名人リーグではまだ役満が出ていない事などを再確認し「やはりここは役満の登場が必要なのではないか?」と気持ちも新たに卓に向かう。

そして四回戦が始まってすぐ、七種八牌の状況から、唯一のでき面子を第一打から崩しての国士無双狙い。
※確かこんな配牌(ドラと第一ツモは忘れたが第一打は四萬)
東西發中二萬三萬四萬一筒一筒六筒八筒九筒一索

後ろで見ていたケチャップ河合くんが思わず「いくらなんでも、それはむちゃくちゃ過ぎでしょ?」と言うぐらいムチャクチャな手順ではあったが、3枚切れの白と一萬、暗刻持たれの南も引き入れて、中盤までにイーシャンテンにこぎ着けた。

が、最後の一牌が引けず(北と九索)、流れてしまう。
残念。

それにもめげず、今度は先行リーチに対して、回して回して回して回してやっと入ったタンピンのテンパイを「2手変わりで二盃口になる!」という理由で即リーチを打たず、じっと我慢するという無謀。
2手変りって現代麻雀では遠過ぎるわ!(同卓者にも「それは絶対無理です」と言われてしまった 笑)
※ちなみに確かこんな手です(ドラなし)
二萬三萬三萬四萬四萬伍萬五筒六筒六筒七筒八筒六索六索

他にもチートイツから四暗刻、チートイツから三色同刻など、様々な「目立つ手順」を狙いましたが、結局どれも和了れませんでした。

でも、結果はトップでした。あらま!

四回戦結果
どんな手を和了ったか憶えてません!

という事で、第八節は 2-2-1-1 で優勝でした!
参加4年目にして、初めての優勝です!
なにか恥ずかしい……。


優勝賞品は、「まいっちんぐマチコ先生」ならぬ「まいっちんぐマチコせんべい」。
僕らの世代にはど真ん中過ぎる賞品ですね~。



第八節を終えての総合成績はこれ。


これで総合優勝も十分あるぞなもし。
最終節も頑張るぞ!

そして、第八節を欠席した若原さんへ。


どーだ!有言実行だぞ!
あっはっは!
.