2014年2月20日木曜日

マジシャンにあるまじき仕事、終了!


さて、マジシャンなのに雀荘の「ゲスト」という仕事を請けてしまった私テツローですが、とりあえずは無事(?)にゲストという仕事は終えました。僕の働きがお店的にどうだったのかは良く判らないですが…。

成績は
一日目が「3-1-0-3」
二日目が「3-1-0-2」
三日目が「1-3-1-2」

という事で最終的には「7-5-1-7」ですから評価としては「引き分け」ぐらいですかね?

ありがたい事に数名がわざわざ僕と打ちにイースターまで足を運んでくれました。どもども、ありがとうございます。
そして、たまたま来たというGPC関西著名人リーグの黒岩悠騎手は、僕に2連続の飛びラスまでプレゼントしてくれました。ちくしょー!

そう言う僕もわざわざ遊びに来てくれたケチャップ河合くんから、


このように大三元を和了ってしまうという鬼畜ぶり。
麻雀って怖いですね?

ともかくとても楽しい三日間でした。
ゲストという仕事をやってみて色々判った事もあるし、麻雀を取り巻く環境という意味ではかなり勉強になりました。

対戦したのべ60人のお客さん、そして僕のケツの限界を心配してくれたスタッフのみなさん、どうもありがとうございました。

また機会があれば、その時はヨロシクお願いします!


.


2014年2月14日金曜日

マジシャンにあるまじき仕事…かも知れないです

このブログにはマジックに関することは全く書いてませんが、僕はこれでも一応職業マジシャンなんです。ええ、いわゆるプロですよ。

確かにマジックの仕事はあまりしませんし、場合によっては断ったりもしますけど、それでも一応職業としてはマジシャンなんです。
マジックをするよりもビンゴゲームの司会をする方が多いけど、定期的にやってる舞台では一切マジックを披露しませんけど、それでもマジシャンなんです。
確定申告の職業欄には「芸人(マジシャン)」って書かれますしね。

そんな僕がなぜか麻雀店の「ゲスト」という仕事を貰ってしまいました。

ある雀荘のオーナーさんから「お店に来て欲しい」と言われ、「ああ、お客さんとして遊びに来て欲しいんだな」と思っていたら、違ってました。「ゲストとして呼ぶから来てくれ」と言うんです。意味が判りません。

最初は冗談だと思って流していたんですが、「いつ来てくれるんですか?」、「早く日程を決めましょう!」、「今月ならいつが空いてるんですか?」とどんどん詰め寄られ、とうとう行くことになってしまいました。

雀荘のゲストというものを知らない人に軽く説明しますが、普通ゲストというのは、超有名な麻雀のトッププロか、一握りの「超強いと有名なネット麻雀の人」しかやらない仕事なんです。というか、そういう人でないと需要が無い。お客さんはみんなプロなんかの強い人や有名人と打ちたい訳ですからね。

そこへ行くと僕は強い訳でも有名な訳でも無い訳で、なぜ僕を呼ぼうと思ったのか良く判りません。理解に苦しみます。
その辺をオーナーに訊くに「そんなんはどうでも良いでしょう~」、「面白いからいいんです~」ぐらいではぐらかされてしまう。
困ったオーナーさんです。

でもとりあえず、行くことは決まってしまったので発表しておきます。

向町テツロー君、イースターゲスト日程
 月日:2月17日(月) ~ 19日(水)
 時間:12:00 ~ 18:00
 場所:大阪・梅田 イースター (ここ)

僕と一緒に打ちたいという奇特なアナタ!
これが最初で最後のチャンスかも知れません!
ぜひ、来てください!
一人だと寂しいので!


.



2014年2月12日水曜日

確率的にはどんな数字なんですか?「両立直一発自摸和了」

訳あって時間があれば天鳳ばっかり打ってますが、ここ数日はボッコンボッコンに負けてます。
二日間で1,000point以上溶けていきました。
もうちょっとで四段も陥落です。


そんな過酷なズダボロ状態に一服の清涼剤的存在「ダブリー一発ツモ」。
裏も乗って親の6,000オール(+一本場)になりました。

これをきっかけに、ちょっと上向きになってくれ。
頼むよ!


.

2014年2月3日月曜日

「ディラン名言おみくじ」はどのぐらいの種類があるのか?

「ディラン名言おみくじ」はどのくらいの種類があるか、主にTwitterを使って調べてみた(随時更新)。

僕のおみくじ:
大吉「「風に吹かれて」がいい曲かどうかわからないけれど、時代に合っていたと思う。あの歌は歌われるためにあった。」

(随時更新の)続きは以下から…。

ディラン神社に行ってきた!

2月2日(日)、舞台ついでに心斎橋に期間限定でオープンしている「ディラン神社」に行ってきた。

舞台は難波の道頓堀であるのだが、舞台の入り時間は10時半なので、10時前ぐらいに心斎橋で下車し、ディラン神社を堪能してからテクテク難波まで歩いて行こうと考えていた。難波・心斎橋間はひと駅だし、そんなに遠くない。だから大丈夫!

そんな計画を立てながらディラン神社に到着してみれば

「ディラン神社は正午からです」

という無常の張り紙。

そんな訳で早々と難波に向けて行進開始。あまりにも早く道頓堀に着いたので、仕方なくドン・キホーテで時間を潰すありさま。早起きして立てた計画がすっかり無駄になってしまった。

ディラン神社の朝は遅い…
とりあえず、舞台5回公演を16時までこなした後、もう一度ディラン神社へ。
今度はやってました。

中に入るとこんな張り紙がある。


そんな訳なので、参拝客はみんな写真をバシャバシャ撮ってます。僕も撮りました。
その中から、ちょっと興味深いモノを数点紹介しましょう。

2010年ツアーの大阪でのセットリスト
2010年ツアーの大阪でのセットリスト。Zepp Osakaのあの場に僕も居ましたとも!

セットリストには当然ながら曲名と、そしてその時のアレンジ用のキーが書いてある。
曲名はかなり短縮して書いてあって、「Highway 61 Revisited」は「Highway」、「All Along the Watchtower」は「Watchtower」、そして極めつけは「Stuck Inside of Mobile with the Memphis Blues Again」で単に「Memphis」と、単語レベルにまで省略されて記載されている。

ディラン初来日時の宣伝用チラシ
手書き感満載のディラン初来日時のチラシ。当時のS席4,500円って、どんな感じの値段設定だったんでしょうね?今なら格安だ!

初来日時の公演模様を伝える新聞
(スポーツニッポン)
初来日当時の新聞。
美空ひばりさんも観に来てたんですね。なんか不思議な感じがしますが。

そしてこの新聞の見出しを見て判る。なぜ今回の特別展示会を「ディラン来日記念特別展示会」みたいな名前にせず「ディラン神社」としたのか。
ディランはフォークの神様なのです。だから神社。

そして神社ならどこにでもある御神籤が、当然ここにもある。
名付けて「ディラン名言おみくじ」。
僕も引いてみました。

おみくじと千社札
大吉でした!
今年始めの氏神様の御神籤は「小吉後大吉」だったので、ディラン神社で小吉から大吉に転換した、と解釈出来る!

今年も良い事がありそうだ!


.