2013年10月9日水曜日

2013年 GPC関西著名人リーグ 第七節 (1)



10月7日にGPC関西著名人リーグ(KCL)の第七節が開催されました。

いつもならGPC開催の次の日には結果をブログに書くのですが、今回はちょっと遊びまわっていたので未だに成績や内容をキチンと整理出来てません。
なので内容は速報扱い、発表は遅報扱いです。スンマセン…。

では。

今回から一卓だけですが対局のリアルタイム配信が開始されました。今後は毎回配信が行われるようですので、良かったら観て下さい。

ちなみに今節は片山先生も棟広さんも半笑いさんも、そして途中まで黒岩くんも居ないというエラく寂しいGPC-KCLでした。
配信を観て下さった方には判るかと思いますが、GPC-KCLは個人のレベル差がとてもあるリーグなので、上位陣が居ない時は「だらしない対局」になりがちです。

なので、今回のこのタイミングで配信なんて、観てもらう側からするとちょっと申し訳ない感じもあったのですが、でも、多くの人に「Wテツロー」の一人、加藤哲郎さんの対局を観てもらえたのはとても良かったと思ってます。

観た方、どうでした?
加藤さん、めちゃ強いでしょ?
実際に対面して対局したら、あれの10倍ぐらい強く見えますよ。
いやホント、加藤さんと対局するのは無茶苦茶怖いんですよ。マジで。

でも、加藤さんはめっちゃ良い人なんです。
多分、GPC-KCLで一番GPC精神に則って打ってる人です。
GPCの権化と言っても過言ではない、そんな感じさえします。

打牌は超丁寧。
やりとりは超感じ良い。
そして超強い。
加藤さんの麻雀は、僕の理想とするところの一つです。
(ちなみに僕はGPC-KCLの「バッドプレイヤー」と呼ばれています)

ま、そんな加藤さんの話題はさておき(急に切り捨てる)、僕の方ですよ。

今回、いきなりの配信第一号に当てられ、しかもそこで倍満振り込みを含む巨大ラスを引いてしまったりして、内容はあまり良くなかったです。

結局、4-2-4-1(-55.9, 20.4, -57.6, 48.8)の-44.3。トータルも51.2とポイントを半分に減らしてしまいましたよ。トホホ。

まあ正直、このポイントなら、もはや目は無い。
理論的には全然リカバリー可能だが、現実的に考えて、もはや目は無い。
そんな訳で、後は楽しんで麻雀を打つことにします(事実上の終了宣言です)。

ま、そんな第七節、優勝したのはこの人!
大阪生まれで唯一美しい女性(※1)、中川由佳梨プロ(連盟)。

賞状を掲げる「大阪生まれで唯一美しい女性」の
中川由佳梨プロ
1-1-1-3の成績だったそうです。
ちなみに中川プロの連勝を止めたのは僕です。えっへん!

そして3位にまたしてもコイツ!
関西最高位戦を落ちた漫才師、ベースマンガン中矢。

「大阪生まれで唯一美しい女性」の中川プロに
ドヤ顔されて涙目になる中矢
中矢、三節来ただけで賞状二枚ってどういう事や?
俺は去年から全節出て一枚しか持ってないんやぞ!!
このボケ!

ちなみに私は、今回も中矢にけちょんけちょんにやられました。
アイツは僕と同卓すると大体5万点はかっぱいでいきます。
そして、僕はラスに沈む…。

とりあえず、今節はちょっとしたターニングポイントになりそうです。
公式の総合順位が発表されたら、いろいろ変化が見えるでしょう。

(以下、次回の「詳細内容篇」に続く)



※1 中川プロを紹介する際はこの「大阪生まれで唯一美しい女性」という冠詞が必要なんです。本人から直々に「付けてください」と言われているので…。
.

0 件のコメント:

コメントを投稿