2016年4月14日木曜日

ボブ・ディラン週間終了のお知らせ

みなさまの多大な協力のもと、無事「ボブ・ディラン週間」が終了致しました事をここにご報告申し上げます。
ご協力、誠にありがとうございました。

ここで少しだけ大阪公演の事に触れてみたいと思います。

フェスティバル・ホール正面の長い階段
アンコールではこの階段をディランが歌いながら降りてくるという演出。
今回のショーのまさにクライマックスだ!(嘘)

まず、今回は全席指定のフェスティバル・ホールという事と、直近のアルバム内容から考えて「じっくり聴かせるタイプ」のライブ構成になるだろうなと予想。
もともと旧フェスティバル・ホールはどこの席からでも舞台が見やすく、そして驚異的に音響が良いホールだったし、新ホールになってからも悪い噂は聞かない。

なので、今回はあえて先々行も先行予約もせず、じっくり待って、売れ行きを確認しつつ一般で買ってみた(毎日残席数の概数を確認していた)。

ライブハウスツアーなら先々行抽選予約で是が非でもチケットを取らないと「いい場所」には入れないが、フェスティバル・ホールなら大丈夫だろうと、新ホールの性能に期待し、賭けてみたのだ。

そしてこれは、結果的に大正解だった。
特に二日目は、音響的に基準となるホールのちょうどど真ん中の席で、超ラッキーでした!

実際のライブはと言うと、初日(11日)のどアタマ一発目の "Things Have Changed" を聴いた時、もうこの時点で元が取れたと思いましたね!それ程、ディランの声も、バンドとの一体感も、ホールの音響もすべてが素晴らしかった。
二年前のZepp Namba以上のレベルのものはなかなか難しいだろうなと勝手に思っていたが、それをあっさりとクリアしていった。ホントに恐れいりました!

そして、セットリストの曲はと言うと、ほとんどが2000年以降に発表された曲ばかり。古い曲だけやってもお客さんは喜びそうなものなのに、それをしない。
今年75歳なのに、あの現役感はなんだろうか?
本当に信じられない。

さらに日程も現役感が溢れる。
4月4日から28日までの日本ツアーで都合16公演なんて……。
正直、仙台公演から中一日で大阪三連荘だけでも相当しんどい。若い人でも「ダルい~」とぶーたれる気がする。
それを74歳がしてる訳だよ。いや、ホントに凄い話だ。

ちなみに、今回のセットリストは本当にどの曲も素晴らしくハズレなしなのだが、個人的に「この一曲!」と言えば、やはり本編終了を告げる "Autumn Leaves" に尽きる。
コレ、泣けます。

ま、そんな訳で、感心したり感動したりの三日間でした。本当に完全に堪能させてもらいました!
次回がいつになるのか判らないけど、今から楽しみです(二年後かな?)。

以下は余録。

ファンにとってはこれも残しておきたいものなのだ。

だからみんな写真に撮っちゃう。

表の案内板でも記念撮影をする人が続出
僕は一人だったので撮れませんでした(笑)

追加公演でのSS席の「記念品」
バイト君がPhotoshopで作ったんでしょうか(笑)
「ビップ」も酷いし普通は「'16」だぜ?

グッズは各所で評判の「湯のみ」だけ購入
チロルチョコに次ぐ「攻めグッズ」だ!

このレコードバッグ、高いけど良いな~とか思ってたら
わりと早くに売り切れた様子。
買っといたら良かったかな?

名古屋、東京、横浜のみなさんも、最高のボブ・ディラン体験を堪能出来ることを心より願っております。どうぞ盛り上がりますように!

.

2016年4月8日金曜日

ボブ・ディラン大阪公演時特別休暇期間のお知らせ



花冷えも緩む今日この頃、みなさんはお元気でらっしゃいますか?
ええ、私は元気です。

ここで明後日からの五日間に関しての諸注意を申し上げたいと思います。

本年始めから申し上げてました通り、この4月11、12、13日は、ボブ・ディランの大阪公演がございます(13日は追加公演)。
そのため、前後1日ずつを取った4月10日~14日までを、ボブ・ディラン大阪公演時特別休暇期間として、どちら様からの連絡も受け付けない事になっておりますので、宜しくご了承下さい。

特に本公演のある11、12、13日は例えどんな緊急の要件があったとしても、僕には一切の連絡がつきません(ケータイを持ち歩かないので)。

また10日は、翌日からの公演を最重視し、体調万全を期するため外出等は一切しませんし、公演の終わった14日は余韻に浸るため誰とも会話をしない予定です。

毎回、毎回ボブ・ディランの大阪公演がある度にこのような事態になってしまい、社会人として全く申し訳ないのですが、一切改める気がないのでこの件については諦めて下さい。

では、みなさん15日以降までサヨウナラ~!!


.


2016年4月5日火曜日

昼寄席から夜ライブ。写真撮って出し

4月2日は、毎度の事務所昼寄席出演でした。

今回はまずまずの出来でした。出演時間もそんなに押してないはずだし。
まあ、アレが手品なのかと問われたら、色々疑問に思う人も多いでしょうけどね~(笑)。

誰も居ない朝の客席でネタ合わせをする「ともだち」

今回の昼寄席は、前回べた褒めしたリップグリップが、満員の4回目公演で盛大にやらかしてくれたので、僕はとても面白かったです(笑)。出番がリップグリップのすぐ後だったので、袖でへたり込んで笑ってしまった!
ま、頑張れリップグリップ!(笑)

さて、今回は昼寄席5回公演の後、スパンキープロダクションのお笑い養成所 "S.E.A" 第1期卒業生が出演する特別舞台「S.E.A 1期生卒業ライブ~笑いのビッグバン~」というのがあって、出来たらそれを観て帰ろうと思っていたのだが、同じ日に同じ事務所のいけだ一紗女史のワンマンライブがあり、前回の彼女のライブ撮影で散々ヒドイ写真を撮った私は「次のライブでリベンジする!」と一紗女史に約束していたので、どうしてもそっちに行かねばならず、泣く泣く舞台を後にした。

リハーサルで舞台に立つS.E.A一期生4名
両端同士がコンビ、あいだ二人はピン

僕が舞台の開始前にMC役の一人に「悪いけど帰るわな」と言うと、そいつが「(舞台を見られないので)正直、ホッとします」と言ってたので、ビデオかなんかで意地でも観てやろうと思ってます(笑)。

で、僕がいけだ一紗女史の元に駆けつけてみると、こちらも本番に向けてリハーサル中。

前回の撮影失敗の後、ある程度一生懸命勉強したので「その知識を活かすぜ!」とばかりにリハーサル中にあえてマニュアルで軽く撮影。
これで思った通りに撮れて「ほらな!」と言いたかったのだが、撮れた写真は全く想像と違うモノばかり。

「あれ……?」
「なんで?」
「アカンやん!」
「どうなってんねん!」

正直、前回より「ちょっとマシ」ぐらいでしたね。
この3ヶ月はなんだったんだ、一体!?

そんな訳で本番前に盛大に凹みましたし、「もう帰りたい」と駄々をこねてました。

凹んでいても食べる物は食べる!
しかし、このお弁当の選択が後々禍根を残すことになろうとは
この時はまだ誰も気付いてなかったのである。
(詳しくは一紗女史から発表されます)

そんな訳で写真の方は、またも「ロクでもない」ものばかりになって「リベンジ失敗」となりましたが、今回はちょっとだけ掴めたような、そんな気もします。(気のせい?)

写真をちょっとだけ(いけだ一紗のブログにたくさんあります)。

僕はこれが好きです
なにか不思議な顔ですね?
いけだ一紗じゃないみたい

本人はこれが一番良いそうです
顔映ってないやん!

ちなみに、舞台の構造上写真撮影は下手側(観客席から見て左側)からしか行えないのだが、今回一紗女史はなぜかほとんどずっと右手でマイクを握っていたので、撮りたい時にマイクが邪魔だったりして、その点がなかなか難しかったです。

そんな訳で撮影自体はイマイチだったんですけど、一紗本人はなぜかノリノリで、終演後も「今日は楽しかった~」と、何度も言ってました。実際、笑ってる写真もたくさんあったので、相当楽しかったんだと思います。
そういう意味ではセーフで良いかな?
良いよな?
うん!

ま、そんな一日でした。
では、また来月の昼寄席でお会いしましょう!


スパンキープロダクション昼寄席 4月2日
出演者:(一回目公演出演順)
 追い風(MC)
 ギャンブルフード
 リップグリップ
 Mr. マイク
 ともだち
 向町テツロー
 センサールマン

.