2016年10月31日月曜日

奇跡の三連続ハーモニー

ずっとヤスリがけをしていて、木の粉で手が真っ白になる日々。
息抜きは相変わらずの天鳳(笑)

では、どうぞ!

東風戦オーラスの配牌
三着目だけど、5,200点和了ったらトップだ


あっ、六索ツモ
前までならここからでも「遠い二盃口」を狙うんだけど……


まあ、234の三色をちょい狙いでツモ切る、と


あ、ドラ周り両面になった!


234に向けて前進!


ツモ切り3巡の後
ドラターツの両面が辺張になりました
ま、234を本線にするなら五索とか要らんけどね!
逆に良かった!(笑)


ツモ切り4巡の後
(都合ツモ切り7巡)
槓ドラをツモって5,200点テンパイ


ドラ切るの怖いけど、リーチでしょー


あら?
下家がツモ切り追っかけリーチ
なんか、嫌な予感


お互い一発目は不発の後、下家がさらに暗槓
おいおい、嫌な予感


ほら~、槓ドラもろ乗りした~
下家はこれで最低限ハネ満……


さらに同巡、今度は上家が大明槓
(上級卓ではよく見る光景)
この動きは索子のホンイツで嶺上開花狙いですか?
完全なる、嫌な予感
ヤダヤダ、怖い


あ、四枚目の一萬ツモ
同巡で三つ目の槓、なのか……
一萬は下家には通ると思うけど……


でもせっかく「同巡槓のチャンス」なので俺も暗槓だ!
上手く行けば流れるし(笑)
さあ、嶺上から鬼が出るか蛇が出るか!


福が出た~!(笑)
まさに嶺の上に花が咲くを体現する完璧なる嶺上開花
これほど嶺上開花然とした嶺上開花はない!


槓ドラは二枚だけだけど、ま、関係無い(笑)
でも、これもし下家が和了ってたら、ドラが最低13枚あるぞ
ドラだけで役満(笑)
それはそれで見たかったな(笑)

という、奇跡の同巡連続槓で掘り起こされた最後の最後の嶺上牌でツモ和了り。
まるで計算され尽くしたかのような美しい理(ことわり)。

対面があのタイミングで生牌の白板を切らなければ、その白板を上家が大明槓しなければ、僕の手には入ってこなかった四枚目の一萬。

さらに、この一萬暗槓のタイミングまでに3つの槓が成立してないと掘り起こせなかったカン三筒。

なにもかもがまるで必然のような協調動作。
ここしかないという完全な同期性。
たんなる偶然だけど美しい。

勝った人には、道理に見え
負けた人には、理不尽に思える

面白いな(笑)
勝って終わったから書いてますけど(笑)

.

0 件のコメント:

コメントを投稿