2016年8月24日水曜日

読みは当たるが、結果はアレだ

最近若干の追い込まれ気味。
そんな時に重要になるのは息抜きですね。
そうです、天鳳の時間です。

ちょいとやってみましょう!

ちょい凹みラス目の赤入り東風戦東三局
心踊らない平凡な配牌
でも、頑張らないと負けます


数巡ピシピシ打って、この形でツモ七索
ツモ切りですか?


いいえ、違います!
ここは、ドラが五索でも打四索
そうです、この段階で二盃口を見てます!
ふざけてる訳ではないので石は投げないで!


すると次巡、なんとまたしてもツモ七索!
こっ、これは幻の「二盃口と三色同刻の両天秤」型
お父さん!やっぱり二盃口と三色同刻の両天秤型はあったんだ!


よし行こう!
お父さんはこのツモの山を越えていったんだ!
この先に二盃口か三色同刻があるんだ!


おっと早速のツモ九索!
いきなりの分岐点!
河には九索が一枚あるし、ここは確定型にとれる二盃口か?


いやしかし、ここは打八索だ!
そのココロは?
三色同刻とまだ見ぬ三槓子の可能性に、俺は賭ける!
(バカではないです。多分)


無情なるツモ切り連打のあと……


ツモ伍萬で確定型ではないものの三色同刻テンパイ!
この間に六萬も八索もツモっていない!
読みは当たったぜ!


この勝負もらったー!
勝利宣言替わりのリーチを受け取りやがれ!
(宣言牌で即一発を消されるあたりが格好悪いです)


しかしその後、出もせずツモりもせず
あっ、次で海底やん……


よっしゃー、来たー!
至極の七筒を海底でツモ!
やっぱり三色同刻はあったんだ!
俺の読みは正解、正解、大正解!
ありがとう神!ありがとう仏!


あら?
あっ、そうか四暗刻……
(完全に忘れてた)

という訳で、「リーチ海底ツモ対々和三暗刻三色同刻赤」という心震わせるドラマチックなアガリは、「四暗刻」というたった一行の無常な役名で済まされてしまいました。

二盃口 → 三暗三色 → 四暗刻という「2・3・4」の所得倍増化計画は成功しましたが、トップになってもなにか虚しさを拭い去れない、そんな東風戦となりました。

二盃口、三色同刻、君たちは一体どこへ行ってしまったんだ……。
そして、三槓子。君は存在するのか?

その答えは、杳として知れない。


.


0 件のコメント:

コメントを投稿