2016年2月24日水曜日

「理不尽」とは双方向に別の意味がある

また、息抜きの天鳳。
息抜きだけの人生が好きです。

ベッタ(最下位)でございます
とりあえず連荘を目指そう
役牌の対子が命綱なんでござんしょうか?

一応ホンイツも見て二索を切る

そこへ突如襲いかかるWリーチ
神も仏もないものか?

えーい、もうまっすぐモードだ!
ツモ切り!
丁寧にとか知らん!

赤伍萬チーして八索
「發でいいやん」とかの意見は聞かない
八索先切りは心意気

白をポンしたら追っかけリーチまで来た
なんて無慈悲な

あっ、東重なった
打二萬もあるけど……

中を切っちゃう
怖い怖い

あ~あ、結局一萬の方が来ちゃったよ
仕方ない

五筒だちくしょう!
当たるなら当たれ!

と、通った……
ありがとう神、ありがとう仏

五筒通った後にダブ東ポン成功!
そして

この七萬は通る!
もしやこれは……

やはりそうなのか!
逆転への細い道を通ってペン三萬登場!

逆転勝利のハネ満
これにてこの東風戦終了!

ま、なんと言うか、こんな事もあるんですよねぇ。

最下位で、たいして良くない配牌。
そこへ来てWリーチと追っかけリーチがトドメを刺しにくる。
だけど、それにブチ切れてまっすぐ打てば、結果、最下位から突き抜けてトップで終了。
Wリーチの人からすれば、まさに悪夢だ。

こういうラッキー過ぎる事が時々あるから、逆にどんな理不尽に思える負け方をした時でも「麻雀はそういうゲームだ」と明るく思うしかない訳で。

だから、理不尽(と思えるよう)な負け方をした場面よりも、こういった「訳の判らない勝ち方」をした場面を憶えておく方が、精神衛生上は良いと思う。

「自分ではどうしようもない」という意味では

「理不尽な負け方」も「訳の判らん勝ち方」も等価である
(麻雀における等価原理)

なのだから、気分の良い方を憶えておけばいいのだ。

これが僕の最近の悟りです。
(えっ、気付くの遅いって?)

ま、それが真理なのかかどうかは知らんけど~♪

.


0 件のコメント:

コメントを投稿