2016年2月4日木曜日

ふざけてるんではなくて、始めからどこかオカシイんです

毎日10戦だけ天鳳を打ってます。
主に気晴らしで(無課金勢です 笑)。

さて、こんな配牌が来まして(親・東風戦)


これにツモが
五索七筒三筒伍萬中七萬一萬
と来て、こんなテンパイになった。


確定の三暗刻。
ただ、ドラが都合5枚あるので、暗刻を一つ潰して六九筒リーチでOKでしょう。
東風戦だし。

とか言いながら打七筒。
これは、三暗刻が確定したのではなく、三槓子への渡りなのだ!(マジで)

だから、リーチもせずひたすらダマで回す。
出れば「槓!」だ!


でも、さすがにドラの伍萬や五索は出ないねぇ。
そのまま和了ってハネ満。
ま、いいか。

この東風戦はこの和了りが効いてトップで終了。

次!

こんな配牌に


六萬四索一索三索一筒
とツモが来て…

上家の西をスルーして、七索ツモ切り後…

西を鬼ヅモ!
どんなもんだい!
さらに
一筒三索南
と来て

南を暗槓
嶺上牌の六筒を切った次巡……

六萬ツモ!
どすこい!

当然、八萬切って四暗刻単騎に受ける!
一枚切れの北、勝った!
と、思うでしょ?
でも、これも四暗刻単騎のテンパイだけじゃない!

そう、こうだ!

場に出た六萬をすかさず大明槓!
俺の狙いは三槓子よ!
(良い子は真似しないでね)

一筒出えへんかな~
(要らん牌は全部ツモ切りや)

あっ、なんか惜しい(麻雀脳)
一萬じゃない一筒を持ってこーい!

あっ……

河底撈魚だけで和了られてしまった……
おまけに一筒ここにあったんかい!

という訳で、三槓子を和了るのはかくも難しいという事ですよ。
いや、ホント。

今年も二盃口と三槓子を可能な限り狙い続けますよ!
あっはっは~!

.

0 件のコメント:

コメントを投稿