2015年8月31日月曜日

さらば!我が青春のシダックス京都河原町三条クラブ!

えらく残念な事を知ってしまった。
カラオケチェーンのシダックスさんの河原町にある「京都河原町三条クラブ」が、この8月30日で閉店になったそうだ。

ホンマかいなと思って調べたら、Twitterに結構情報が上がってた。


「カラオケチェーン店の一店舗が閉店したぐらいで、なにがそんなに残念なの?」と思う向きもあるだろうが、僕には思い入れのある店なのだ。

実は過去、この店舗でシダックスさんと某巨大お笑い興行会社が共同でホールを運営していて、僕はそのホールのオープニングスタッフとしてこっそり働いていたのだ(興味があるところはどこでも潜入!)。

シダックス京都河原町三条クラブのホールフロア
(オープンの日)
そして、僕はここで
・ライブ運営の方法
・客動線、演者動線の取り方
・音響と照明の基本
・マイク、マイクスタンド、シールドの捌き方
・舞台袖での効率的な動き方
・トラブル時の演者と音響卓との連絡の仕方
・その他もろもろ
を勉強させてもらったのだ。
時には、フロアDをやらせてもらったりして、とても楽しかった。

また、このホールは出演者がバラエティーに富んでいて、今まで出会ったことのない様々な人と出会えたのが嬉しかった。

特に、いわゆる「ダンサー」といわれる職業の人達の素晴らしさはここで生で体感し、まさに目から鱗が落ちる思いだった(もっとチャラくてツンケンしてると思ってた)。正直言って、生まれ変わったらダンサーになりたいと思うぐらい、それぐらいイイ経験ができた。

あと、テレビのゴールデンタイムに出ているような芸人さんを間近で見れたり、今まで全然知らない世界だった地下アイドルやローカル・アイドルの人達と仕事が出来たりと、とにかく刺激的な職場でした。

アイドルイベント時のタイムテーブル
(休み時間は……?)
舞台運営の方法は、ほとんどここで勉強させてもらったので、ホントに感謝感謝のお店です。また、店長をはじめシダックス側のスタッフのみなさんには、ライブ毎に大変よくして頂いて、時には無理を、時には迷惑をかけしてしまい、これまた感謝感謝、迷惑千万スミマセンでしたなのです。

そんなこんなで、店舗自体が無くなるというのは本当に悲しいです。

なので、またどこかでホールが再開した折には、お知らせ下さい!
スタッフとして馳せ参じます(※)!
朗報を待ってますよ!


※演者じゃなくてスタッフなんかい!というツッコミは置いといて。
.

2015年8月25日火曜日

4年目にして初めての出会い!真の「巷・麻美の絶対安全日」出演とデザートの旅 in 三宮

「今日は、どこのかき氷を食べようかな?」と思案していた午後三時前。ケチャップ河合くんからメールが一通。

”暇ならラジオきません?”

ヒマと言えばヒマだけど、そして、もちろんラジオにも出たいけど。
でも、俺は嫌いな奴とは一緒に仕事をしない主義なんだぜ?
だから一応確認 「他に誰くんの?」と。

”麻美だけです”

話は二秒で決まった。 「じゃあ、行くわ!」

ここで言う「麻美」とは、ラジオ番組「巷・麻美の絶対安全日」のタイトルの由来にもなってる初代パーソナリティの桜井麻美嬢の事だ。

僕が「巷・麻美~」に出演するようになって約四年。その一年ほど前に彼女は結婚・出産という事でメインパーソナリティから一旦身を引いていた。だから、僕はその声は何度も何度も聴いていたが、実物の ”桜井麻美” には一度も会ってなかったのだ。

四年目にして初めての出会い。
そして、真の「巷・麻美の絶対安全日」への出演となった。
やったね!


で、ラジオ出演中は、僕はかなり楽しかったです!
それがリスナーさんに伝わったかどうかは判りませんが……。

麻美嬢があの声でいきなり「パーフェクト・ヴィッセル・ガールへの道!」って言ってくれたら面白いのにな~、とか薄ぼんやり考えてたのですが、残念ながらそれは現実にはなりませんでした。

でも、麻美嬢は大変面白い人だったし、シンペイさんが「美人、美人」と言ってた意味も本当に良く判りました。

いやホントに良い一日でした!
出来たらまた、ご一緒したいですね。

で、以下、麻美嬢の写真は撮ってないので、関係無い写真ですけど代わりにどうぞ。

大丸神戸店の謎の扉
大丸神戸店の10階にあった「謎のドア」
ドアの外には祠がふたつ。それ以外何もない。
知らない人に「これ、左がダイマルさん、右がラケットさんです」って言ったら信じて貰えるんじゃないかと思った。

宇治金時白玉団子添えつつアイスクリーム乗せ
三宮でシブい喫茶店を探し回ってかき氷を食べた。
このかき氷、メニューには「宇治」としか書いてなかったが、アンコ内蔵型の宇治金時で、白玉団子とアイスクリームのトッピングがなされていた。苦味があるぐらいのふんだんな宇治茶風味。これで750円は安いと思う。

ケーキを撮影するケチャップ河合くんを撮影する
ラジオ終わりにおっさん二人で喫茶店。
僕は減量中。
河合くんは「これ以上痩せない太らない食事制限」の実施中。

僕の選んだ「ホット・アーモンド・オーレ」
美味しかった
二時間ぐらい(以上?)、どうでも良い話で盛り上がりました。
二人ともコーヒーしか飲んでないのに。

そんな楽しげなラジオの日でした。

.

2015年8月20日木曜日

出演しました「ジャムコント」



舞台は8ヶ月ぶり、「ジャムコント」は2年ぶり、そして今年の初舞台。
そんな出演でした。

全5回公演のうち4回出演しました。

やってる内容は2年前とほとんど一緒なので、進行等々に違和感はなかったけれど、やはりブランクで上手くいかない点も多々あったなあと、そんな感想です。

ま、なんと言うか、コントだから上手くごまかせたけど、これが漫才のようなスタイルだったら、多分、相当目が泳いでいただろうなと、1回目公演の後、しみじみ思いましたね。客席を見ないで済むというは、舞台復帰戦としては良いアドバンテージです。

新顔も何人か居て、特に面白かったのはタレント(?)の福田咲希ちゃんですかね?
お題で「フルーツを題材にした戦隊物のコント」をすることになった時「フルーツ名 + 色」で隊員名を名乗るお約束(アップル・レッド、バナナ・イエローなど)なのに、とっさに

「ピーマン・ピーマン!」

と名乗ったのは秀逸でした。


あと、ひこーき雲の佐藤くんと久しぶりに舞台で絡めたのは楽しかったですね。
でも、その半面、小野愛寿香嬢と一緒に舞台に立てなかったのがかなり残念でした(喉の調子が悪いという事で)。

ジャムコントの古参兵三人
ひこーき雲佐藤・向町テツロー・小野 愛寿香
(格好つけてみたら微妙な映り……)

小野愛寿香さんは、ジャムコント最初期からの参加メンバーであるだけでなく、なんとあの映画「日本のいちばん長い日」にも出演されているのだ!凄いぞ!
みんなも観に行け!
絶対観に行け!

とにかく、久しぶりの舞台だったのでちょっとシンドイところもあったけど、なんとか無事乗り越えられた。
そして、個人的には非常に大きな収穫もあった。

そんな訳で、舞台復帰第一弾は無事終了。
また次の舞台も探そう!

なんだってやってやるぜい!


.

2015年8月17日月曜日

久しぶりに出ます!ジャムコント!

2012年5月6日のジャムコントでの一場面
およそ2年ぶりぐらいに「ジャムコント」に出ます。

即興演劇は長いことやってないので、どれぐらい出来るか判りませんけど、こんな時期なんでやるだけやってやろうかなと、そんな意気込みです。

◎ジャムコント
 8月20日(木)
 道頓堀中座くいだおれビル地下一階 Studio ZAZAにて公演。
 入場料 500円
 11:30 / 12:30 / 13:30 / 14:30 / 15:30 (予定)
 俳優、芸人、アイドル、タレントごちゃまぜの即興コント!

5回公演のうち、どの公演に出るかはまだ判りませんが、お近くに来られた際は、ぜひとも30分だけお時間を下さい。

精一杯、頑張ります!


.

2015年8月14日金曜日

訃報に接して

西心斎橋・笑穴亭の席亭である田中守幸さんの突然の訃報に、正直、言葉もありません。

田中さんの舞台にたくさん出させて頂きましたし、ある漫才大会では一緒にMCもさせて頂きました。

特に芸人の演技力を鍛えるという意味で始まった「ジャムコント」では、即興で演技をするための考え方、舞台の進行のさせ方、オチまでの伏線の張り方等、たくさん指導して頂きました。

今はまだ気持ちの整理がつかないので、これ以上は控えさせてもらいますが、関西の若手芸人を応援している人達は、この田中さんが居なければ、笑穴亭も中座も今のような形では存在していなかったかも知れないという事実を知っておいて下さい。これは、関西の近代演芸史からは、決して抜けてはならないページなんです。

田中さん、今まで本当にありがとうございました。

極楽商店街ゑびす座時代の田中さん

笑穴亭にて
この日調子の悪かったしんたろうくんに言葉をかける(直前)

ジャムコント
芸人枠で参加のタレント・山田なつきと談笑中
ジャムコント
常に袖から舞台内容を確認
ジャムコント
演技プランの出来ていない芸人に演技指導

僕を始め、たくさんの若手達が貴重な舞台の勉強をさせて頂きました。
本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

ご冥福をお祈りします。



追記:
田中さんと一緒に行った営業のクライアント側視点のブログ
「くま先生の滋賀が大好き!」 10月10日の地元F区秋まつりでの私の挑戦!


追記2:
現在、Facebookに「田中守幸クラブ」という追悼ページが開設されています。
田中さんの仕事関係者・知人・友人・ファンの方々の交流の場となっているようですので、田中さんをご存知の方はどうぞ一度ご覧になって下さい(参加は承認制です)。
情報を下さった木田様、ありがとうございます。

.