2015年6月25日木曜日

じわじわ憶える違和感。アナタには解りますか?(またはKindle でのスクリーンショットについて)

Kindle Fire HDX 8.9(古い方)、ですっかり読書体験が変わってしまった私です。
いや、良いですよ Kindle。
もっと早く買っておけば良かったと思いました。
古い本とか、じゃんじゃん電子書籍化して欲しいです。

でもですね、Kindleで読書ばかりしている訳ではないです。
特にFireの屋号の付くシリーズは、スペック的にも「ちょい遊べる」ようになっているので、寝る前に布団で寝っ転がりながら、ちょちょいとゲームなんかもしてます。

マインクラフトとかアクションゲームじゃなくて、昔ながらの「上海」ですけど。

でかいけど、アイコンです
(AmigaOSみたい!)
上海とか四川省は、ちょっとだけ遊ぶには持ってこいのゲームですよね~。
このゲームは、配列の種類が山ほど、いや山ほどはないですけど、96種類もあるので、なかなか楽しめます。

ちょっと配列だけ見てみます?

標準配列ですね。1番目に表示されます。

天使、もしくはウイングガンダム(6番)

昆虫、にしては脚が足りない(8番)

F-15もしくはMiG29(27番)

ライオンか猿かイモムシか?(50番)

なにこれ?(70番)

手抜き?四川省型(74番)

格好いい幾何学模様(75番)
とまあ、単純に美しいのから単なるウケ狙いの配列まで、たくさんあります。

ま、僕は面倒くさいんで、ほとんど1番の標準配列しかしませんけど。
そんな訳でゲームスタート。

スタート画面
海外製のゲームなのか、表示において若干違和感を憶える部分がある。
「發」は、中国版の字だったり、筒子も索子も味気ないデザインだったり。
また、数牌の左上にインデックスが打ってあるのも、日本人にはちょっと見栄えが良くないかも知れない。

それよりもなによりも、もっと気持ち悪い、変な部分がありますけどね。
解りました?

正解はこれ。

3ピンと7ピン
3ピンと7ピンの傾きが逆。

標準的な3ピンと7ピン
(http://www.martinpersson.org/ より)
インデックスを入れるのに、わざわざそんなデザインにしたんでしょうけど、6ピンは空きスペースに数字打ってるんやから、3と7もそれで良かったんじゃないのかな~。

なんかちょっと見た目に気持ち悪い感じやね。
慣れの問題なんでしょうけど。

ところで、Kindle Fire系列のスクリーンショットですけど、これは、

「電源ボタン+ボリューム下げボタン の同時&ちょっと長押し」

で撮れます(同時が割とシビアです)。
FireOSも一応 Android の変種なので、Androidと一緒という事です。
Paper White系は別ですけど。

じゃ、また!

※Kindleのスクリーンショットをもっと詳しく知りたい方はこちら

.


0 件のコメント:

コメントを投稿