2015年6月12日金曜日

寺院の近くで銃撃戦 ー 世界点線紀行 タイ・カンボジア

Google Maps にある国境が点線の地域を紹介する「世界点線紀行」
第二回は「タイ・カンボジア」

タイとカンボジアはこの辺。

タイとカンボジアの位置関係
タイ、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマーの位置関係を正確に言い当てられる人は、非常に稀です。カンボジアが意外と小さいし、あれ?ラオスって内陸国なの?みたいな意外な感じもありますし(意外かどうかは人に依るけど)。

このタイ・カンボジア国境はパッと見た目すべて実線で描かれているように見える。
こんな感じ。

タイ・カンボジアの国境線は(地図上)そんなに長くない。
では、点線が見えるまで、どんどんズームアップしてみよう。

寄ってみるが、まだ実線だ
まだ点線は見えない
まだ見えない
まだ見えない!
うう、ギリギリ微妙だ!
み、見えた!
これが「タイ・カンボジア」の点線部分だ!
よし、はっきり見えた!
なんとまあ、Google Mapsでも相当ぎりぎりまで拡大しないと、点線部分が見えない。
正確な場所はここ

プレアー・ビハー寺院というのがある
Google Mapsの定規をあてはめてみると、大体 1km ちょっとぐらいの距離が点線である。

Google Mapsの500mスケールとの比較
ここは、もともとタイとカンボジアの国境未策定部分だったそうですが、おおむね点線のラインで国境として機能していたようです。
ところが、ユネスコがここにあるプレアー・ビハー寺院をカンボジアの世界遺産として登録した事によって、国境紛争に発展、かなり激しい銃撃戦も行われたようです。

詳しくは → 「タイとカンボジアの国境紛争

ちなみにこの辺はGoogle Mapsのストリートビューにも対応してます。

ストリートビュー対応の「青い道路」が表示される
ただ、なにも見えません。
真っ暗です。
この事実は、ちょっとだけぞっとさせます。

もしかしたら、「見えてはいけない何か」が見えたのかも知れませんね。
ああ、怖い怖い!


この点線が今後どうなるのか、みんなで見守っていきましょう。

.

0 件のコメント:

コメントを投稿