2015年3月12日木曜日

笑龍拳 x 鉄板鍋料理 はじめ =「一飯舞台」


「一飯舞台(IPPAN BUTAI)」とは、「鉄板鍋料理 はじめ」と笑龍拳のコラボレーションから生まれた、お客様投票で勝者を決める漫才師の直接対決・真剣勝負の舞台である!
勝者には豪華夕飯が、敗者には冷水のみが与えられるという過酷なシステム。
5月までの半年間、この勝ち抜き戦により多く勝ち残るのは一体どのコンビだ!?

という訳で第四回「一飯舞台」が3月11日に開催されました。
今回は、前回王者「アルマジェロ」を破った「リップグリップ」が新チャンピオンとして初の防衛戦を迎える。迎える相手は同期、そして事務所所属の漫才師「風神アラジン」だ!


第四回の今回が個人的には一番面白かったが、それはやはりチャレンジャーの風神アラジンの「受けの美学」に負う所が大きいだろう。

風神アラジンは一回戦目の「笑いポイント」があまりにも低くて、場内が一瞬静寂に包まれたり、漫才中に「投票用のビー玉」がカタカタ落ちて肝心なセリフの前に変なブレイクが発生してしまったり、一発ギャグを披露すれば小林のツッコミがお客さんの「うじたー!」の声援でかき消されてしまったりと、痛手に次ぐ痛手、重症からさらに重体とかなり大変な状況であったが、それらを全て(一応)かい潜って戦ってくれた。

まあ、結果としては圧倒的大差でリップグリップがチャンピオン初防衛を果たしたのだが、より多くのファンが付いたのは実は風神アラジン(の宇治田 NOT 小林)だったように思う。

ー テツローの感想終わり。


とまあ、そんな訳で今回の一飯舞台は、初めてチャンピオンが王座を防衛!
リップグリップは2本ともネタを仕上げてきてました!
圧勝の完勝です。

では、恒例のお食事ターイム。

リップグリップ(左)と風神アラジン(右)
ジョッキを指差す風神アラジンの小林
この日は3月の大阪とは思えない雪もチラつくえらく寒い日。そこでお店のオーナーが気を利かせてくれて、敗者の風神アラジンにはジョッキで冷水が振る舞われた(普段はコップ)。

「四條畷のおいしい水、いっぱい飲んで帰ってね!」とはオーナーの弁。

良かったな、風神アラジン。
お前ら、愛されてるよ。
多分。

あとですね、前回リップグリップに敗れ、食事中にさんざん挑発的態度をとられ「もう、リップグリップとは友達じゃないです……」等語っていたアルマジェロだが、彼らはこんな事になりました。



いやいや、解散 & 引退かいな!!
引導を渡してしまった感もあり、なかなか過酷なライブです「一飯舞台」は。
ホント、罪な舞台だ。

とりあえず。
来月は4月8日(水)開催の一飯舞台。
一体どんなチャレンジャーがリップグリップの前に立ちはだかるのか?
そして引退するのは誰だ?

そんな一飯舞台を乞うご期待!!



.

0 件のコメント:

コメントを投稿