2014年11月30日日曜日

麻雀初心者はこれを見ろ!終盤の逆転のためにインフォグラフィックス化する点差表

ずいぶん以前に「点差計算と70符以上ワンダーランド」という記事を書いて、点差と70符以上の点数が書いてある表を発表した。
その点差表を描いた時は、簡素なデザインで最大限に情報を詰め込めたから「まあまあエエやん?」と思っていたが、最近見直したらどうにも酷い感じがする。

あれでは情報を詰め込み過ぎな上、暗記主体の表組みになってしまっていて、パッと見た瞬間に「目的のモノを捜し出す」という機能が大幅に欠落している。

そこで点差表を憶えるのがどうしても苦手な人向けに、毎回簡単に参照出来る「見た目に判りやすい」点差表を作ってみた。

今回は70符以上の点数表と満貫以上の点差表は省き、情報の簡素化を計った。
それがこれです、ハイどうぞ!

インフォグラフィックス化した点差表
意味が判らんという人も居ると思うので軽く説明。
図の左右にあるのがそれぞれツモった時に詰まる点差。
色分けしてあるのは、青 = 30符、赤 = 40符、黄 = 50符という意味。ちなみに色自体に特に意味はなく、それぞれシアン、マジェンタ、イエローの 50%で選びやすかっただけ。

使い方
 例)トップが子で自分と4,000点の点差があるとする。

手順的には
  1. 左側の数字を上から順番に見ていって ”4,000” を超える数字を探す。
  2. 今回は "5,000" が見つかる。
  3. "5,000" の横を見ると、青で「千二千」と書いてある。
  4. つまり1,000/2,000 (30符三翻)をツモ和了れば、4,000点の点差を超える訳ですね。
  5. 逆転おめでとうございます!
という感じだ。

黄色のマスになにも説明が書いてないが、それらは当然上から順に 400/800、 800/ 1,600、1,600/3,200である。50符は滅多に狙わないので説明を省いた(※この図を作ってよく判ったが、400/800をわざわざ狙うのは効率が非常に良くない)。

上の図は、情報的には次の図と等価です。

点差表B
あるいは、より ”伝統的な” これと同じです。

点差表C
(親ツモ和了り時の点差付きDXバージョン)
たくさん麻雀を打ってると、こんなものは自然と記憶出来てしまいますが、どうしても憶えられない人や、なんらかの理由で憶えたくない人は、どうぞご活用下さい。

ちなみに僕は、中途半端に憶えてるので、いつも現場で必死になって検算してます。
.

2014年11月23日日曜日

間違ってるのか、そうでないのか。それは遠い海から来た飲み物、だと思う。

ブログを更新しなければ全然しないし、更新するととたんに超長文になるしで、相変わらず「ちょっとずつ更新する」という事が出来ない。

ちょこちょこ更新するには、やはり「現代的なわび・さび」に限る。
もう、最近はわびもさびも無い感じだけど。

今日はこないだ行った四條畷から、これ!

一瞥で「コーヒーテラス」と読めるが、実際には「コーヒー」とは書いてない。

COOFFEE

だ。

この綴りでなんと読むのかは判らないが「クーヒー」ぐらいが適当だと思います。

この仮称「クーヒー」なるモノが、飲み物なのか食べ物なのか、あるいはこのテラスの名称なのかは全くの謎だが、気になる人は見に行ってみれば良いと思います。

場所は以下です。





.

2014年11月22日土曜日

やってる方は死ぬ程大変だ!打ち切りがなんだ!「梶パラの裏側」を見てくれ!

梶本琢程の麻雀パラダイス
いろんな野暮用が重なって全然ブログを更新してなかったけど、更新してないと「生きてるんか?」と確認の連絡が来るので、とりあえず更新しておきます。

さて、

11月20日の再放送をもって、バラエティー篇の「梶パラ」は終了となりました。ご視聴下さった方々、どうもありがとうございました。
企画の立ち上げから、人選、編集、小道具に至るまで、全てに首を突っ込んでやってみました。とてもシンドかったです。ホントに。

企画の立ち上げ前には、麻雀とバラエティーという組み合わせの悪さに、構成担当の要請を一旦は辞退したんですが、スポンサーさんの「失敗しても良いんでやりませんか?」という甘い言葉に乗って、やってみる事にしました。

おかげで6月中旬から「巨大すごろく」の収録が終わる8月下旬までは、世の中が滅べば良いのにと思うぐらい大変でした。

まあ、そんな大変な目に遭いつつやった企画でしたが、雀サクッTVの中では他の麻雀配信の1割にも満たない来場者数しか得られず、結果的にはやはり失敗となりました。梶本さんの経歴にも疵をつけたみたいな感じになってしまって、大変申し訳ないです。

でも、個人的には本当に良い経験でしたけどね。
「カタチにする大変さ」というのは、どんな業界でも一緒です。やり方は全然違いますけど。その辺のプロセスを勉強出来て、ラッキーだったと思ってます。

またいつか、「麻雀+バラエティー」というカタチで企画を立てて、何かやってみたいです。

以下に一番シンドかった「巨大すごろく」の企画がどんな形で進んで行ったのか、資料の一部をお見せしたいと思います。このまま捨てるより、見てもらえた方が成仏出来るので(成仏?)。

興味のある方は、続きから見て下さい。