2014年9月30日火曜日

笑龍拳 "はじめ" ました

どえらい大変な四日間が終わりました。
25日 ~ 28日まで、鉄板鍋料理「はじめ」さんで、12周年記念のイベントのお手伝いを笑龍拳でさせてもらいまして、毎日四條畷まで通いましたよ。

27日は定期笑龍拳も中座であって、中座 → 四條畷と移動して、1日で都合8ステージ実施してきました。

しんどかったけど、面白かった!
特にラスト二日間は、舞台に出演する芸人も多くて、修学旅行みたいなノリで楽しかった。普段はあんまり打ち上げとかには参加しない僕ですけど、なぜみんながあんなに打ち上げをやりたがるのかがちょっと判った。

という事で、以下で四日間の雰囲気をちょっとだけご紹介。
お客さんからは見えない裏側ですが。

ゲーム大会用の機材チェック
初日、2日目のゲーム大会用の機材チェックをする山田研究所の山田さん。実際のところ、機材チェックと称して遊んでるだけである。
右奥に背景と同化しているのは、初日、僕と一緒にMCをしたシンガーソングライター(自称)のTU-KO。10ヶ月ぶりぐらいに会った。

アシダヒモビッチ
ステージの都合上、音ネタ、ダンスネタを封じられたのでフリップ芸を披露するアシダヒモビッチ。それにしても、なにかこの写真は格好良い。奇跡の一枚だ。

美獣ケンプ
あんみつ(左)と枝松(肥大)
"はじめ" の夜寄席が初舞台になった男女コンビの「美獣ケンプ」。
結成して二週間しか経ってないのでネタが一本しかない。しかし、2ステージやると聴くと楽屋で急遽新作を一本仕上げてきた。

楽屋の様子
その美獣ケンプがネタ作りしてる楽屋の様子。右上であんみつがネタ帳を見ながらネタを繰っている。
裸の男達が居るが、彼らは真剣に下ネタを語り合っているところだ。

帰りの電車の中で
終電ギリギリで帰る、出演者の面々。
電車の中で疲れ切ったアシダヒモビッチが変な格好で寝てるのをみんなで笑っている。どんな格好で寝てるのかは、可哀想なので晒さないでおく。

鉄板鍋料理
”はじめ” さんと言えば鉄板鍋料理。
僕は四日間通って、毎回違う種類のお鍋を頂きました。どれも美味しかった!

という、そんな感じの楽しい楽しい四日間でした。
また次回、夜寄席があれば良いな~。



.


2014年9月27日土曜日

明日は笑龍拳ダブルヘッダー!

明日は月に一度の笑龍拳デー!

と、その前に。
外向きの活動をガンガン増やしていく笑龍拳は、25, 26日と鉄板鍋料理 「はじめ」四條畷店で、すでに暴れ回ってますよ!

ゲーム大会中のひとコマ
この後姿はもしや、ダイナマイト野崎?

25 ~ 28日まで「はじめ」さんの12周年記念イベントを笑龍拳がお手伝いをしてまして、前半二日はゲーム大会を、そして後半二日はなんと店内で夜寄席を開催します。

そう!
つまり明日は、月に一度の笑龍拳デーであり、夜寄席デーでもあるのです。
笑龍拳初のダブルヘッダー!

みなさん、どちらでも、いやどちらも観に来て下さい!
お願いしますよ!


笑龍拳 <通常公演>
9月27日(土)
道頓堀中座くいだおれビル地下一階 Studio ZAZA
入場料 500円
11:30 / 12:30 / 13:30 / 14:30 / 15:30

笑龍拳 <夜寄席>
9月27日(土)、28日(日)
鉄板鍋料理 元(はじめ) 四條畷店
大東市 北楠の里町 27-23
TEL: 072-879-7256 (座席の予約確認をお願いします)
19:00 / 20:00 / 21:00 (予定)
ぐるなび:鉄板鍋料理 はじめ


鉄板鍋料理、美味いよ!
.


2014年9月24日水曜日

GPC関西著名人リーグ 第六節終了後の独自ランキング

GPC = Good Players Club

9月22日に行われたGPC関西著名人リーグ第六節の公式結果が発表されたので、それを元にした独自ランキングを更新しておきます。

第六節終了後の独自ランキング

この独自のポイントランキングは、一回戦毎に獲得したポイントで全体の順位を決め、トップから8位までには10, 8, 6, 5, 4, 3, 2, 1点の順位点が与えられ、最下位からワースト8位は、逆に順位点から-10, -8, -6, -5, -4, -3, -2, -1点が引かれるシステム(第六節は参加人数が少なかったため、上位下位は6人ずつで計算)。
※規定打数は未定だが、だいたい最大対戦回数者の85%以上(最大で31半荘: (9節 x 4回戦) x 0.85 小数点以下繰り上げ)を予定。

順位表の見方:
 赤系の色はプラス評価
 青系の色はマイナス評価
 赤バック、青バックはそれぞれその回戦のトップ(赤)と最下位(青)
 Gamesは、対戦回数
 黄色は、GPCの規定打数クリア者
 AVEは、平均獲得順位点

※このポイントランキングは独自のシステムであり、GPCの公式結果を元に作成されていますが、公式結果とはなんの関係もありません。


.

こんなん始まりますねん [追記あり]

梶やんの麻雀パラダイス

あの梶本琢程さんをメインMCに、新しい麻雀バラエティ番組が「雀サクッTV」で始まります。タイトルは ”梶やんの麻雀パラダイス” 。

この企画に一枚噛んでしまったため、その準備で僕は7,8月の二ヶ月間を棒に振ったと言っても過言ではありません。もう本当に、むちゃくちゃ大変でした。

かなり入念に考えて色々準備したんですけど、初めての試みだったんで内容はおそらく「ちょっと荒い」とは思います。現場でも編集でも「思てたんと違う~」と、何度も思いましたし。
制作側というのは難しいもんです。

ただ、仮編を見た限り、悪くない出来だとは思ってます。マジで。
なので、どうかみなさん三ヶ月ほど「梶パラ」にお付き合い下さい。

よろしくお願いします!


梶やんの麻雀パラダイス
 第一回放送 9月25日(木)
 URL: http://live.nicovideo.jp/watch/lv192001629
 開場:18:57
 開演:19:00

ご視聴、お待ちしております!
(第一回放送分より)

追記:
第一回放送は、残念ながらニコ生サーバーの不具合により配信が失敗しました。大変ご迷惑をお掛けしました。

第一回放送分は、以下の日程で再放送が決定しておりますので、なにとぞもう一度チャンスをお願い致します。

第一回再放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv194622134
2014年10月1日(水) 開場:18:57 開演:19:00

以上、よろしくお願い致します!
.



2014年9月23日火曜日

嘘ではないが本当でもない

今日は秋分の日。
そんな訳で、秋分の日のネタ。

Wikipedia に載ってた「1900年 - 2099年までの秋分の日の数学的な簡易な求め方」という項目。それをまるまる引用してみよう(レイアウトは若干変えた)。
  1. 西暦年数の4での剰余が0の場合
    1900年 - 2008年までは9月23日
    2012年 - 2096年までは9月22日
     
  2. 西暦年数の4での剰余が1の場合
    1901年 - 1917年までは9月24日
    1921年 - 2041年までは9月23日
    2045年 - 2097年までは9月22日
     
  3. 西暦年数の4での剰余が2の場合
    1902年 - 1946年までは9月24日
    1950年 - 2074年までは9月23日
    2078年 - 2098年までは9月22日
     
  4. 西暦年数の4での剰余が3の場合
    1903年 - 1979年までは9月24日
    1983年 - 2099年までは9月23日
     
……。

”簡易的” って言うから、もっと簡単な計算式でピシピシッと結果が出るのかと思ったら、結論を導き出すためのほとんど大部分を記憶に頼らないといけないというシステム。

「だって、およそ200年間をこの4パターンのみでカバー出来るんスよ!」

って言われたら確かに簡易的ではあるが、なにか納得しにくいものを感じる。
抜けてる年も結構あるし。
なんというか、この場合の「簡易」ってなに?みたいな。

日本語って難しいね。


.

iOS8へのアップデートをしないなら

日本時間の18日にリリースされて、一部のiPhone ユーザを阿鼻叫喚地獄へと誘った iOS8。
iPhone 5ユーザでも「重い」という報告もあったりしたので、4S ユーザである私は早々にアップデートする事を断念した。

ただ、個人的にアップデートを断念しても、iPhone自身は Wi-Fi接続になるとせっせせっせと裏でアップデーターをダウンロードし続けるので、本日、僕の iPhone の設定アイコンにも無事「1」の赤丸が付いた。

このアップデーターは別に iPhone 上にあっても良いのだけど、間違ってアップデートしてしまう危険性と、ストレージを無駄に使用されるという理不尽さが嫌なので、消してやることにした。

iPhone 4S を使っていて、iOS8 にアップデートしたくないという人は、以下を参考にして下さい。簡単です。

設定 > 一般 > 使用状況 とタップするとストレージに「iOS8」という項目が出てきます。

その iOS8 をタップすると、こんな画面になります。


ここで「アップデートを削除」をタップすれば、実に2.7Gものストレージ領域を開放できます。

もしかしたら、アップデーターをダウンロードすること自体を抑制できる機能もあるかも知れませんが、今のところそれは発見出来てません。

ま、そんな訳で iPhone 4S を使ってて、iPhone 6(+) に乗り換えない人は、こんな感じでごまかしごまかし使いましょう。

じゃ、また!


.

2014年9月22日月曜日

GPC関西著名人リーグ第六節

GPC = Good Players Club

22日は、GPC関西著名人リーグの第六節でした。

前節は「完全地蔵モード」だったので、その雪辱を果たすために、そしてグラチャン出場に賭けるために「バンザイ突撃モード」で挑んできました。

まずは第五節終了後の順位のおさらい(総合プラスの人のみ)。

第五節終了後の成績一覧
(赤※印はプロ)
総合トップ、二位、三位が、それぞれ約100ポイントずつ離れて、四位以下は混戦という感じ。こうなると当然「来ない方が得」な人が出てくる。

「来ないでポイントを守る」というのはルール上、別におかしな行為ではないのだけれど、来ないつもりの人は、ただ来ないだけではやっぱり気が引けるのか、「いや、行きたいけど行けないんですよ~」と、わざわざネットで表明したりする。

例えば総合二位の彼は
”たまたま” 予定が間違っていたと言い(今まで1回も間違えた事ないのに?)、

あるいは総合三位の彼は、
と、やけに長~い言い訳を書いたりする。

いや~、ホント、人間こうはなりたくないですね(笑)。
マジでマジで(笑)。

ま、そんな訳で第六節は片山まさゆき先生も居ないし、むちゃくちゃ人の少ない寂しい回になりました(黒子入りで三卓ですよ……)。

とりあえずは、まず一回戦から振り返りましょう!

一回戦:
対戦相手は、天鳳位ASAPIN、ケチャップ河合くん、黒子sugiさん。

本当は安泰にと行きたいけど、運営側なので休むに休めない天鳳位ASAPIN。
僕としては同卓した時はチャンスなので、なるべく狙い撃ちにして少しでもASAPIN氏の素点を削ぎたいのだけど、元々ガードの堅さは一級品な上、僕と同卓する時は、なぜか毎回「上家」なので山越しも出来ない。
ううむ、ヤツぁ、運も強いぜ!

さて、一回戦は東一局にいきなり大波乱。
配牌をとって「ああ、これは七対子か白のみやな」と思った手が、なんと無駄自摸なしの5巡目ツモリ四暗刻に変貌。即リーチして「誰も出すなよ……」と役満を狙ったが、終局間際に sugi さんが放銃。12,000点ゲット!

ところがこの12,000点があまりアドバンテージにならない。ASAPIN氏がガンガン和了って追い付いてくる上、sugi さんの怒涛のリカバリーで三つ巴の様相に。
えっ?河合くん?
それは当然、ベコ凹みですよ。

決着はオーラスのテンパイ勝負。
ギリギリでテンパイを維持出来た僕の勝利でした。
一回戦:トップ!
(河合: 5,700 / ASAPIN: 31,800 / テツロー: 35,900 / sugi: 26,600)


二回戦:
対戦相手は、ブリーフ男爵、コンデンスみるく北川、黒岩悠。

東二局に三面張のフリテンリーチを強行したら、北川くん、黒岩くんの二人に追いかけリーチを敢行され大いに肝を冷やした。まあ、結果はリー棒二本付きの 1,300 / 2,600(+一本場)になったんだけどね。

そんな事もあり、二回戦は結果的に僕と黒岩くんの一騎打ちの構図になったのだが、僕に手が入った時に限ってブリーフ男爵が黒岩くんへ ”絶妙なアシスト” をするので、美味しい局面をリードすることが出来なかった。ちくしょう!

最後の最後も、微妙な点差を追いつけず終戦。
二回戦:二着
(テツロー: 31,100 / 黒岩: 34,700 / 北川: 15,500 / 男爵: 18,700)


三回戦:
対戦相手は、黒岩悠、ケチャップ河合、織田聡史。

この半荘は、まれに見る「超小場」で回った。
最高打点は河合君の満貫ツモ(2,100 / 4,100)1回だけ。後は、1,000点 ~ 3,900点の間で細々とやりとりするだけ。

なんとオーラス開始前の点数はそれぞれ、25,000 / 26,100 / 23,400 / 24,500 と超微差。なんじゃこれ?ちゃんと半荘やった?

ジリジリと痺れるオーラスは、河合くんが「タンヤオ・ドラ1」の 2,600 をダマで和了ってトップに。僕はその時、ピンフの一向聴でした。惜しい!
三回戦:二着
(河合: 28,100 / 黒岩: 25,000 / テツロー: 26,100 / 織田: 20,800)


四回戦:
対戦相手は、織田聡史、黒子sugiさん、ブリーフ男爵。

この半荘は途中までエラく面白かったのだが、終盤前に超絶意味不明のチョンボが発生(※)し、ゲーム内容が吹き飛んでしまった。
まあ、試合としては勝てたから別に良いけど、でもゲームとしては全然面白くないわな。2005年のF1アメリカGPみたいなもんで。

四回戦:トップ
(テツロー: 37,000 / 男爵: 31,100 / sugi: 14,100 / 織田: 5,800)
チョンボは供託 12,000点

(※)ちなみにチョンボは「同一人が同巡内に捨てた同一牌を他家がフリテンでロンする」という壮絶なものです(Aさんが切った牌をAさんの上家がポンをして、Aさんがポンされたのと同じ牌をツモ切りしたら、Aさんの対面がロンと言った、という現象)。


という訳で第六節は「1-2-2-1」で準優勝!
北川くんにiPhoneを渡して写真を撮ってもらったら、びっくりするぐらいボケボケの写真を撮ってくれました。サンキュー、北川!(サンキューちゃうわ!)

あと、以前、片山先生に「次に賞状をもらえる時は ”理想雀士” の絵を描いて欲しいです!」と言ってたのですが、先生の居ない時に賞状をもらってしまいました。残念です。


あっと、そうそう。
最後に、今回休んだ二人にあえて言っておくけど。

「君達はもう完全に射程距離圏内だぜ?」

あっはっは!
ざまーみろ!


.

2014年9月21日日曜日

明日はGPC関西著名人リーグの第六節です

GPC = Good Players Club

明日は、GPC関西著名人リーグ第六節ですよ。

前節はあまり乗り気じゃなく会場に行ったら、なんじゃこれはというぐらい全然面白くない麻雀になってしまい、それをブログに書いたら、後日、色んな人から「何がそんなに面白くなかったん?」と改めて訊かれまくる始末。おかげで説明するために面白くなかった様を何度も追体験してしまった。とほほ。

多分「面白くない」の語感が良くなかったんだろうけど、要するに意味するところは「局の点数移動にまるで参加出来ない」ぐらいのモンです。地蔵の辛さ、とでも言いますかね?
そう書けば良かったな……。失敗した。

まあ、とにかく、なにも出来ずに終わった前節の、その結果を踏まえて今後どうするのか決めねばなるまいて。

まず、五節終了後までの結果(プラスの人のみ)

赤の※印はプロの方々
相変わらず安定の総合トップは天鳳位ASAPIN。
二位に前節、吹きに吹いた猫田イサ才がランクイン。
そして、僕は7位。とうとう「怖い方のてつろう」である加藤哲郎氏にも抜かれてしまった。

総合一位のASAPINは、おそらくもう安泰であろう。ASAPINは人数が足りてる場合は卓に入らない準黒子的な立ち位置だし、仮に卓に付いたとしてもそう簡単に崩せないし、まあもう「当確マーク」で良いだろう。

となると、当然目標となるのはレジェンド猫田な訳であるが、ヤツとは現在およそ220ポイント離れてるので、こっちがポイントを積み重ねるのと同時に、あちらもある程度自滅してくれないと追いつくのは難しい。つまり、残り四節を「休みます!」と宣言されたら終わりなのだ。

それと、僕の上にはプロが二人居る。
そして、関西著名人リーグにおいてはプロは実は黒子扱いなのだが、運営がそれを説明してない可能性もある。いや、絶対してない(テツローのバックボーンのない勘)。
仮に運営が今から「実はプロは黒子扱いなんスよ、うへへへ」と言ったとしてもこれは効力が薄いし、今期のGPCに参加した後に最高位戦のプロになった高原は、プロかアマか非常に微妙な感じになる(ま、問答無用でプロなんだけどね)。
そんな訳でこのプロ二人も抜かねばならない。

という事を諸々考慮した結果、前回、僕は今期のある種の終戦宣言をしたのだが、「最終三節で12連勝して600ポイント稼ぐ」というケチャップ河合理論もあるので、もう一度やる気を出して頑張る事にした。

ただ、やり方は変える。
いつもなら、「残り四節で300ポイントという事は、一節のノルマは75ポイント!」みたいな単純頭割り法を使っていたが、それはどうも上手く機能しない事がこの二年で良く判った。なのでこの六節から「全局参加の玉砕麻雀・ポイントノルマとか知らんし!」作戦に変える事にした。

僕は元々、どんだけポイントを叩いても「トップはトップ」という考え方なんだけども、今後はそれを置いといて、徹底的に「素点命」で打つことにする。

ま、そんな訳で明日もGPCに行きます。
起きれたら行く、とかじゃなくて。

見てろよ、こんにゃろ!

.

2014年9月20日土曜日

目的のためには色々なものを捨てねばならない。そう麻雀ならね。

リーチ・二盃口 ドラ3様の美しい御姿
ほーら出た!
七対子崩しの二盃口!
不自由な形だけど、連続形がある時は二盃口の狙い目なんですよね。

麻雀漫画なら

「き、貴様、チートイ・ドラ3 でリーチをかけなかったのは……」
「そうよ!俺の狙いは、このペン3ピン」
「クッ、クソ!」
「フッ、あンたは狙いを間違えた!俺の勝ちだ!リーチ!」
「(盲牌して) ま、まさか……(牌を落とす)」
「ロン!リーチ二盃口ドラ3裏2 倍満!」

みたいな会話が聞こえてくるような、そんな牌姿ですね。
(実際に会話が聞こえた人は耳鼻科もしくは精神科に通院する事をオススメします)


[二盃口四飜化計画実施中]


.

初めての時に感動するタイプ?それともガッカリするタイプ?実は初めての体験は「ガッカリ」だった。

スリーランです!

なに気に三家和は、人生で初めてだったりする。

麻雀漫画で出てくる三家和は、だいたい主人公が三人リーチの窮地に陥った時に涼しい顔で切った牌で、というのがお決まりのパターン。「フッ、三家和だな」、「クッ、悪運の強いヤツよ」みたいな。

でも現実世界に現れた三家和は、オーラス、トップ目、待ちの選択ミスで二度の和了り逃しをした後、ドラまで鳴かれた末にようやく出たロン牌で炸裂する。
「やれやれやっと終わった」と思ったら三家和。おかげでさらにもう一局あるというどんでん返しのやるせない展開。

この現象に対して「珍しい物を見れてラッキー」と思うか「この後まだ続くのか、だるー」と思うかは、あなた次第。
麻雀はメンタルが大事ですからね。

ちなみに僕は、「えー、まだもう一局やらなアカンの。今の和了った事でええやん。トップ目やのに、なんやねんコレ。トイレ行きたい!」と思いながらも、結局トップで逃げ切りました。

僕が麻雀をやってる時は、だいたい常に文句ばっかりです。



.

2014年9月12日金曜日

明日は「せかんどらいん XXV(にじゅうご)」開催


明日の9月13日は、「せかんどらいん XXV(にじゅうご)」ですよ!

超大変だった8月を乗り越えて、せかんどらいんはまた月イチペースにカンバックです。
明日もイキの良いメンバーが揃ってますんで、例え明日が破天であっても観た方が良いです。はい。

せかんどらいん XXV (にじゅうご)
 場所:道頓堀中座くいだおれビル地下一階 Studio ZAZA
入場料:500円
 開場:11:30 / 12:30 / 13:30 / 14:30 / 15:30 (予定)

是非もんで観に来てちょうだい!
絶対楽しいよ!


.

2014年9月10日水曜日

狙ってるから出る。狙わないと出ない!

二盃口ドラ4様の御姿

あっはっは!
またやってやったぜ~。

ドラを捨て~の
チンイツも捨て~の
鳴いての良形の変化・高目の変化を捨て~の
トップ目のリーチ、上家の攻めに怯え~の
さらに零牌(ラス牌)で待つ、二盃口!

ドラが4枚あるけど、役としては ”二盃口のみ” 。
あ~、怖かった!

え?
これなら待ちを自由に選べる七対子の方が良いって?

そんな事は百も承知よ!
でも二盃口を狙うぜ!

七対子は、四暗刻と二盃口の渡りに過ぎないのさ!


[二盃口四飜化計画実施中]

.

2014年9月9日火曜日

三国志を比較するし

特に意味するところは無いんだけども、片山まさゆき先生の「SWEET三国志」と、横山光輝先生の「三国志」の比較です。

片山先生は、三国志の世界を5巻(ヤンマガKCスペシャル版)で、横山先生は60巻(希望コミックス版)で表現されています。それぞれの場面が、どの巻に収められているのかを判りやすくするために表にしてみました。

「SWEET三国志」と「三国志」の対応表

どちらも読んでみましたが、これだけ分量が違うのにきちんと「同じ物語」だと理解できるところが凄いと思います。

片山先生の版は、話の端折り方が秀逸で、登場人物が非常に判りやすい。
横山先生の版は、こと細かに丁寧に話を進めて、特に劉備玄徳崩御の後、諸葛亮孔明にスポットが移ってからは、軍隊を組織し運営するという部分で相当読み応えがある。

読むの大変でしたけど、世の中に「三国志ファン」という人が存在するのがよく判りました。面白かったです。

ところで誰か、今は亡き学研グローバルコミックス版の三国志、史記、水滸伝を持ってる人居ませんかね?あるいはどこかで売ってたとか。
これらは小学生の時にそれぞれ1巻だけ読んだことがあって、一度全巻読んでみたいんですよね(特に「高俅」がどうなったのか知りたい)。

ついでみたいな形になりましたけど、情報をお待ちしております。


※こんな表を描いていると「ヒマか?」という人が居ると思いますが、ヒマではないです。仕事が早いんです。毎度言ってますが。
.

2014年9月4日木曜日

人々に等しく弁護を

9月になったとたんに急に涼しくなって、夏から一気に秋になってしまったけど、常に長袖を着用している僕にはあまり関係が無い、そんな今日このごろ。

少しだけ時間に余裕が出来たので、本を読んだり、音楽を聴いたり、アテなく出かけたり、ゴロゴロしたりしてます。ちなみにゴロゴロは主に腹部の擬音を指します。

別にブログに書くことも何も無いんだけど、外部と連絡を断つと「もっと社会的に生きて下さい!」と怒られるので、せめてブログだけでも更新しておくのだ。

でも、やる気がないので例の「現代的な わび・さび」でお茶を濁すパターン。
楽なんだもん。
へへへ。

今日の画像はこちら。


「リンカーンを殺した男」対「リンカーン弁護士」
犯罪社会と法曹界の非情なやりとり!
勝つのはどっちだ?

ところでリンカーンって "Lincoln" って綴るんですね。
"Lincone" とか "Lincorn(e)" とか "Lincourn" とかと思ってたので、"ln" の部分が意外過ぎてびっくりした。

世の中突然勉強になる時がある。
これがそんな時。


※「リンカーンを殺した男」も「リンカーン弁護士」も僕は内容は知りません。また、恐らくですが、この二枚のDVDは対決するためのモノではなく、独自に個別で楽しむモノと思われます。知らんけど。
.

2014年9月2日火曜日

犬、あっち行け~


こんな感じでレモンスカッシュの岡部くんがTwitterに書いちゃったので、ここでも書いておく。

そうなんです、1日はNHKの「新人お笑い大賞 大阪予選」に行ってたんです。いや~、周りが若手ばっかりの上、一人だったから超恥ずかしかったっす。

この予選会は、ちゃんとした舞台、ちゃんとしたマイク、タリーランプの大きい放送用カメラ、そしてとても良いお客さん方、ということで演者が非常に ”気持よくなれる” 舞台ですから、出る分にはとても楽しいんですけどね~。

でも、さすがに若手ばっかりの予選会に行くと、それだけでかなり恥ずかしい。世代が違い過ぎて。話題がなにも通じそうにないし。
それに年齢だけじゃなくて、職種や風貌もみんなからかなり浮いてたし。まあ、それは慣れてるけど……。

そんな訳で事務所が「出て」というので、一応出ました。
事務所に恥をかかせない程度に、ちゃんとしたものはやったつもりです。

ところで岡部くん。君は僕をマジシャンと知ってるんだろうよ?
それやったら


この発言はおかしいやろうよ?
マジシャンやで、俺?


いやだから、いたし君もこの発言おかしいやろ?
いたし君も俺がマジシャンなん知ってるんやから、こんな噂信じたらあかんがな。

僕は「マジックをしないマジシャン」と言われてるが、自分の出自はマジシャンだと思ってるし、色んな仕事をしつつも本業はマジシャンだと思ってる。その証拠に確定申告の時「職業は?」の問に「マジシャンです」と答えてる!

それに今回は天下のNHK。
その辺の雑魚舞台とは違う。
僕は舞台に出てすぐに「マジシャンの向町テツローです」と名乗ってるし、名乗ると同時に手には得意のロープを準備していた。

規定時間の4分間はマジシャンにとっては短い。
だからちゃんと4分間に間に合うように、日々内容を見直し、手順も改良に改良を加えて、結局、1秒もマジックはしませんでした!

岡部くん、いたしくん、正解!

ちなみに、ロープをほどくことすらしてません。ずっと結んだまま。
さすが「マジックをしないマジシャン」
我ながら、ある種の天才だと思います。


関係無いけど、ああいうところに行くと、本当に相方が欲しくなる。
僕は元来コンビ指向なんで、一人でする舞台はあまり好きじゃない。ピンでする仕事ってのは味気ないのだ。気楽だけど。

ま、そんな予選会でした。
ちゃんちゃん!


.

2014年9月1日月曜日

さらば忙しかった日々

9月1日のラジオ出演を最後に、ほぼ二ヶ月に渡った「どとーの忙しい日々」は終了。
大変だったけど、なんとか乗り越えられた。

実は思わぬところで大変な苦戦を強いられたが、それのおかげでかなり良い勉強になった。どうしようもない時ってのは、人間、知恵が働くもんです。悪知恵か、浅知恵かは知らないけれど。

そして、集中力を切らさないための「ブログ強制更新」も、計画通り上手くいった。さらに、ブログはいくら頑張って更新してもユーザーは一切増えないというのも如実に判った。ま、それは随分前から知ってたけどね。
いや、なんと言うか、12人前後の読者の方々、毎日どうもありがとうございました。励みになりました。

とりあえず、ブログを日々更新するのは、個人的にはなかなか面白いチャレンジだったので、今後もあまり間を空けずに頻繁に更新していくつもり。
あくまでも「つもり」ですけど。

忙しかった日々から開放されたら、またちょっと新しいことをやりたくなってきた。
9月はなにか新しい企画を考えて、実行に移せるように頑張ってみようと思う。
思うだけ、かも知れないけども……。

そんな訳で、ちょっとだけゆっくり休んで息抜きします。
さいなら~!

.