2014年12月14日日曜日

GPC関西著名人リーグ最終節前に状況のおさらい

GPC = Good Players Club
明日、12月15日(月)で最終節を迎えるGPC関西著名人リーグ。
現在のランキングとポイント状況から、明日の戦略を考えよう。

現在のポイントラインキングはこんな感じ(総合プラスの人のみ)。

第八節終了後の公式順位
関西著名人リーグからは上位三名がグランドチャンピオン大会へ進出できる。

僕もわずか二戦前までは300ptオーバーの持ち点があったので、上位三名の可能性はあったのだが、東西交流戦と第八節で200pt以上削られてしまい、こんなポイント状況に。
ま、落ちたものは仕方ない。

さすがにここから逆転は難しいので、最終節は「お祭り」として参加するしかないな~、と薄ぼんやり考えていたら、運営から以下のような公式発表があった。
これ、まあ事情を詳しく説明しますと、元々関西著名人リーグは ”プロは黒子” という位置づけで始まったのですが、その説明をせずにプロの方をリーグに誘った人が居たり、芸人枠だった高原ユウスケがリーグ戦途中から最高位戦のプロ試験に合格するという事があったりしたため、プロの扱いをどうするのかで結構内部では揺れていたのですね。

で、件の高原を含めプロの方々が上位に残ってるので、最終節を前に扱いを確定させた、という訳です(※年間の公式順位は残る。グラチャンへの進出権がないだけ)。

という訳で、プロの方々を順位表からブラックアウトしてみる。


僕の上が三人空いたが、ま、それでも大変だ。
正直、ポイント的にはあんまり状況は変わってない。

あっ、でもそうだ。
この順位表にはプロ以外の ”ホンモノの黒子” も混じってる。

ホンモノの黒子もブラックアウトしてみよう!


おお!
いきなり僕の上が五人も空位になった!
おまけに総合二位も居なくなった!

つまりはだ、現在の順位は圧縮して書くとこうなる訳だ!

現実的な順位表
ぎょえー!
なんとグラチャン進出枠最後のひとつをめぐって、超混戦模様じゃないか!
半笑いさんから村木藤志郎さんまで、全員にチャンスがある!

というか、4回戦を四連勝すれば 200 ~ 230ptぐらいは獲得できる可能性があるから、現在マイナスポイントの人にも十分チャンスがある。

もっと現実的な順位表
なんと一気にこの辺まではグラチャン進出の可能性がある。
ほとんどワンデー大会のノリやね、これやったら。

これは明日、相当面白いね!
ただまあ、この辺の人間だけで卓組みされる訳じゃないので、直対以外のいわゆる「死に馬に蹴られる」可能性はかなりあるんだけども。

明日は「目無し」なら役満ばっかり狙ってやろうかと思ってたけど(※)、頑張ってシビアに打とうっと!

※今期、関西著名人リーグでは役満がまだ出てないので


.

0 件のコメント:

コメントを投稿