2014年8月20日水曜日

センチとミリ

この8月は、ほとんどずっと家に篭もりっきりで、色んな書物(かきもの)をしたり、秘密の練習をしたりしてるんだけども、僕が家にいる間は、家の中はほとんど真っ暗なんですね。僕は瞳孔が弱いので、光が苦手なんですよ。

で、書物をする時は、真っ暗な中で液晶ディスプレイの明かりだけが爛々と光っていて、タイプする手も指先だけしか動いていない。そんな状態になるんですね。身体はほとんどどこも動いていない。

そんな状態でジッと集中してタイプしていると、視界の端になにかちょろちょろ見える。真っ暗だからハッキリは見えないが、何か居る。ただし、ゴキブリではない。動き方で判る。

一体なんだろうかと思って、手元のライトを点けたらびっくり。それはムカデだった。
あまりにも意外だったので「うわー!!」とデッカイ声で叫んでしまった。

生まれてこのかた、家の中でムカデを見たことなんか無かったのに!
しかも、昨日今日と4匹も出た!

なんなんだ!
地球環境がおかしくなったツケがこんな形で露呈したのか!?
もう、怖くて、気持ち悪くて、とても真っ暗では仕事出来ない!!

調べると、ムカデを本格的に駆除しようとすると、環境汚染的なキツさの薬剤を撒かないといけないらしく、そうなるとどうしても専門の業者に頼らなければならない。つまり現実的には一匹ずつ発見次第、駆除するしかないのだ。
あ~、やだやだ。

ちなみに、ムカデは英語でセンチピード(Centipede)、ヤスデはミリピード(Millipede)と言います。ムカデとヤスデのなにが10倍違うのか知りませんが、未だにヤード・ポンド法を使ってるアメリカでもこう呼びます。

さらにMillipedeはIBMの超高密度記録媒体の研究用コードネームだったりする。理由は、その構造がヤスデの脚に似てるから、らしい。
いくら無機質な記録媒体であっても、ヤスデの脚を模したものなら、あんまり研究に参加したくないような、そんな感じがする。動いているところを拡大して見せられたら、ゾゾッとしそうだ。

ちなみに、こうやって意味のないブログを書いてる最中も、僕は神経を尖らせてムカデの襲来に備えているのだ。

よし、ムカデよ、来い!


いや、来るな!!




.

0 件のコメント:

コメントを投稿