2014年5月28日水曜日

ボロボロになる記念日

27日は久しぶりに「ワケの判らない」雀荘のゲスト活動 in イースターでした。ほぼ一ヶ月ぶりです。

お店に着くと、なにやらいつもと様子が違う。
なんとイースターさんは、この5月27日でオープン一周年。これはこれは、おめでとうございます!

そして、この5月27日は僕の誕生日でもある。なんという偶然!
そんな訳でこの日は「ダブル生誕祭」となった。

オープン一周年記念とあって、ゲストは豪華にプロが二名も!
日本プロ麻雀協会から麻生ゆり&鳥井ゆうという「二人とも名前がひらがなコンビ」が来て下さいましたよ。スミマセンね、僕だけアマチュアで名前もカタカナで。

それはともかく、「ダブル生誕祭」なので、いつもより気合を入れて頑張った。

まず一回戦は三着。
まあ、なにもしてないし。ラスじゃないなら御の字の結果。

次いで二回戦は二着。
ぼちぼち和了りも出始め、トップ目に立ちながらも最後にツモられてまくられる。
まあ、振り込んだ訳じゃないしOKだろう。

そして三回戦、よしトップ!
キチンと打てたし、オリも上手く行った!

3 → 2 → トップとトントン拍子に順位が上がって、さあこれからというタイミングで僕には絶対必要な「ケツの痛みを緩和するため」の休憩に入る(痔じゃないよ)。

そして、休憩中になんと漫画家の片山まさゆき先生ご来店!
昨日のGPCぶりです。

休憩明けは片山先生との対戦でした。この時は、調子も上向きのうえに昨日のGPCでは片山先生から「対々和 役×2 ドラ4」という倍満を和了り、先生を「どん底ラス」に突き落とした経験から、「うっひっひ、今回も勝っちゃうよ~」とか思っていたんですが、現実にはいきなりの2ラスでした。
あれ?

そして、今度は卓を替わって鳥井プロの居る卓へと。

夕刊フジ杯の時とは違い、えらくフェミニンな格好の鳥井プロ。
「あら、良いですね~」とか言ってたら、そこでもまた2ラスを喰らう。
あ、あれぇ?

ということは、「3 → 2 → トップ」からの「4 → 4 → 4 → 4」じゃないかー!
結局、大幅な負け越し。
情けなや。

情けない成績にむせび泣く私と
それを指さして微笑む鳥井プロ(フェミニン仕様)
まあ、そんなボロボロになる誕生日でした。
ちゃんちゃん!

続きにちょっとだけハイライト。



ハイライトを見てくれてありがとう。
大したハイライトではないけども……。


このように、また二盃口を狙ってしまいましたよ。

南三局 北家 ドラ南 六巡目
五筒五筒六筒六筒七筒七筒三萬三萬六萬七萬八萬八萬南 ツモ七萬

この形でツモ七萬と来たら、もはやタンピン二盃口しかないでしょう?
例え世の中の大多数が「七対子 ドラドラ」を支持したとしても、僕はタンピン二盃口だ!
安目出和了り3,900でも、それでもタンピン二盃口だ!

「リーチをするなら安目のない七対子でしょう?」とか関係無い!
この「3,900か?ハネ満か?」というギリギリのタイトロープさが良いのだ!

ああ、実際に僕はリーチ後にドラの南をツモりましたよ?
だからなんなんだ!

そして二盃口は和了れませんでしたよ?
だからなんなんだ!

この半荘はラスでしたよ?
だ・か・ら、なんなんだ!

正解は七対子……。
それは判ってる。
でも、僕は二盃口を目指す。
二盃口が好きだから!

ご静聴ありがとうございました。

[二盃口四飜化計画実施中]
.

0 件のコメント:

コメントを投稿