2014年2月3日月曜日

「ディラン名言おみくじ」はどのぐらいの種類があるのか?

「ディラン名言おみくじ」はどのくらいの種類があるか、主にTwitterを使って調べてみた(随時更新)。

僕のおみくじ:
大吉「「風に吹かれて」がいい曲かどうかわからないけれど、時代に合っていたと思う。あの歌は歌われるためにあった。」

(随時更新の)続きは以下から…。




吉「歌はできるだけ小さく、狭いテーマで作るようにしている。テーマは小さいけど、感情の占める割合が大きくなるからね。」


中吉「誰かに自分の夢や希望を話すときには、その人が君を兄弟のように愛しているかを確かめたほうがいい。そうでなければ、夢は実現されないだろう。」



中吉「内面から素直にでてくる歌だけを歌いたい。歩いたり、話したりするのと同じように歌を書きたいのさ。」


大吉「やった事を悔やむな、思い通りにやれ。遠慮なんかいらない、好きなようにやるんだ。」


吉「出来ることをやれ。それをやっている時、人を傷つけるな。」


最後の句点が無いで賞:
吉「ロックンロールを歌う気持ちで フォークを歌っていたんだ。ぼくの音楽が今も聴き続けられている 理由もそこにあると思う」


吉「実際に芸術を作り出すのは、神話の後ろに隠れた、血の通った人間だ。」



吉「世の中は常に変わっていく。だからそれに合わせて 新しく歌を作らなくてはならない。」


全部ひらがなde賞:
大吉「なにかいいことがあったら そいつをものにしろよ。」


中吉「僕のいるところはいつも静寂だ。」


多分一番長いおみくじde賞
中吉「自分の人生は常に良くなっているような気がするんだ。人間は年をとればとるほど良くなっていくんだと思う。これからもずっとこのまま、90歳になってもやはりどこかのステージに立っていると思うよ。」


これが欲しかった大賞:
吉「君の立場になれば、君が正しい。僕の立場になれば、僕が正しい。」


吉「泳ぎだした方がいいよ。そうでないと石のように沈んでしまう。」


大吉「あらゆることを徹底して学び、必要に応じて学んだことを生かすべきだ。」


吉「フォークは、ぼくが感じることを伝えると思った。人々や社会や思想などを。」
中吉「誰もが自分の影を背負っている。しかし、それを乗り越えていかなくてはいけないんだ。」


.

0 件のコメント:

コメントを投稿