2014年1月25日土曜日

2013年の関西著名人リーグをF-1方式の順位点で再計算してみた

Good Players Club
戯れにやってみた「ワンデイ大会におけるF-1方式の順位点」がなかなかいい感触だったので、戯れついでに2013年の関西著名人リーグのリーグ戦全戦にも適用してみた。

2013年のF-1方式順位点
赤バックは回戦での優勝(25点)
(クリックして拡大)
2013年方式の順位点のと最終順位の比較:
2013年の順位点方式とF-1方式の比較
グレイバックは、同じ順位の人
まあ、なんと言うか、個人的には全然悪くない感じがする。
「2013年方式の順位点」で出た順位とも、そんなに違ってないし(「2013年方式」が良い方式だと言ってる訳ではないよ)。

F-1方式の利点は、なんと言っても集計が早い事。
「2013年方式」は、各人に対して各卓での着順毎に順位点が付くので、どうしても一人ずつ処理するしかない。そのため一節の集計に20分ぐらいかかってしまう。それに引き換えF-1方式は、1回戦を単位に順位点を割り当てるので、一節の集計が早ければ3~5分程度で終わる。なので9節全てを集計処理して最終順位を計算しても1時間もかからない。
そういう意味でもなかなか素晴らしい。

前回のワンデイ大会の結果をみても、今回のこの結果をみても、F-1方式は、短期的にも長期的にも、運用として正直悪くなさそうだ。

ただ、「順位点方式での決着」というものに納得いかない人は世の中に山ほど居そうですけどね。麻雀の場合は…。


.

0 件のコメント:

コメントを投稿