2013年8月31日土曜日

データで見るGPC関西著名人リーグ (第五節終了まで)



では、節終了後恒例の(と言っても二回目だけど)、データで見るGPC関西著名人リーグ(KCL)。データ抽出者は前回と同じく芸人側から四人(向町テツロー、ケチャップ河合、ブリーフ男爵、カルピス北川)、そして片山先生とKCL四天王(加藤哲郎、半笑い、棟広良隆、黒岩悠)。

まず、順位変動から。

(下ほど順位が高い)
上位三人は平行線のまま順位を維持。
まあ、半笑いさんと加藤さんはお休みだったし、ブリーフ男爵はぶっちぎりなので、ポイントではほとんど誰もかわせない状況。あと数節は、この辺は安泰だろう。

片山先生(6位)からケチャップ河合(11位)までは ”1トップ圏内” で、ここはコロコロと順位が入れ替わりそう。

マイナス組筆頭であるカルピス北川は、プラスを獲得出来ず順位を1つ下げ、黒岩君に至っては、とうとう最下位に転落した。

去年の成績を知っている者からすれば、この「総合トップ・ブリーフ男爵、総合最下位・黒岩悠」という組み合わせは、全く想像出来なかった現象で、この椿事が一体いつまで続くのか関係者(そんなに多くない)が注視している。

次はポイント変動。



前述の通り、半笑いさんと加藤さんが休みだった上に、ブリーフ男爵がさらにポイントを積み重ねたので独走態勢に拍車がかかった。
総合トップのブリーフ男爵と総合二位の半笑いさんとは、実に100pt近く差が付いている(正確には94.2pt)。さらに言うと、規定打数到達者の第三位と比較すると、そのポイントを4倍にしてもブリーフ男爵には追いつけないのである。

こうなるとブリーフ男爵は今後参加しない方が断然有利なのだが(最低限、今のポイントを維持出来るので)、その辺をどのようにポイント調整してくるか、ちょっと見ものである。
このままのポイントでブリーフ男爵が参加しなかったとしたら、おそらく決勝へのボーダーは300 ~ 350pt辺りに落ち着きそうである。

次は、着順。
まず、芸人側から。


ブリーフ男爵が第五節の一、二回戦を ”わざと” 出場しなかったとは言え、それでもまだラス無し記録を更新中!
例え偶然だとしても18半荘連続でラスが無いというのは、かなり凄い。平均順位 1.833、連対率77.7%は、異常すぎる数値。見事!

ブリーフ男爵に比べると他のメンバーはあまりにも平凡な記録なので何も書くことがない。

次は著名人の著名人側。
ただし、今回は参加された三人だけ。


まあ、なんと言うか、こっちは逆の意味で注目してしまう黒岩くんの絶不調ぶり。6半荘トップが無かった後、一度トップを取ってさらに9半荘トップが無い。16半荘の内10回が三着というのもある意味凄い(三着率 62.5%)。

そして、片山先生も棟広さんも地味に平均順位2.5を切ってくるという。
さすがですね。


最後は、非公式「順位点方式ランキング」最新版。
※猫田くんの勝ち星が間違っていたので、それを修正しました。他にも間違ってるという人があれば教えて下さい。

※黒バックの順位は、規定打数未到達者


順位点方式の詳細は以下からどうぞ。

mini (tiny) XLR to XLR ケーブルのピンアサインについて(帰郷篇)

前回はこちら:mini (tiny) XLR to XLR ケーブルのピンアサインについて(望郷篇)

軽く ”あらすじ” を説明すると
特殊なマイクの出力端子である mini XLRのピンアサインは XLR とは微妙に異なっている上、標準規格も無いため、専用ケーブル以外の汎用ケーブルや変換コネクタが現状無い。そこでマイクに合わせてケーブルを自作するしか無いのだが、その時にどうやってピンアサインを確定させれば良いのか?
というのを前回やった。

答えはシンプルに ”メーカーに問い合わせる” だ。

で、答えを聞いた結果、私はケーブルを自作する事が出来、そしてそれが果たして機能するのか否かが、今現在問われている訳だ。

軽く結果を書くと、ケーブルの自作は成功だった。

そしてそこから突っ込んで言わせてもらうと、多分、多分であるが、mini XLRのピンアサインは、業界内で「XLRのピン番号互換にしよう」という暗黙の了解が成り立っていると予想される。

それは何故かと言うと、その方が製造側に負担が少ないからである。

mini XLR の端子はこんなサイズである。

mini XLR-F 端子の裏側
(爪楊枝で指している場所にハンダ付けする)
これぐらいのサイズのモノに、わざわざ「2番ピンと3番ピンをひっくり返してボンディングする」なんてのは、単純に製造過程での混乱を招くだけの愚行だと思うのだ。
自分が製造責任者だったら、そんな事は絶対にさせない。

もちろん全てのマイク製造会社がそんな思想の元にマイクを製造している訳ではないだろうが、製造マニュアルを作る時に「2番ピンにコールド、3番ピンにホット(普通とは逆です)」と書くのは、設計者としてはかなり ”気持ち悪い” はずだ。プライドのある設計者なら、そんなマヌケなことは出来ない、と断言する。

だから、(一切保証は出来ないが)こう言わせてもらう。

「mini XLR to XLR の専用ケーブルは、言わば汎用ケーブルである」

と。

100%の保証はもちろん出来ないが、多分間違いない!
ケーブルの自作がどうしても出来ない人は、この言葉を信じて(自己責任で)少しでも安いケーブルの購入にチャレンジすべし!

<帰郷篇終わり>


.

2013年8月30日金曜日

2013年 GPC関西著名人リーグ 第五節 (3) 追記アリ


載せると言ってた事を載せ忘れてたので、また書きます。

2013年 GPC関西著名人リーグ 第五節の優勝者はこの人…

なぜか会場とは別の雀荘にて
芸人・猫田イサオ君でした。
第五節で合計ポイントが100ポイントを超えたのは彼のみ。総合ポイントも第五位に浮上して、意気揚々たるものです(規定打数クリア者では3位)。

猫田君は、某国営放送の有名大喜利番組でレジェンドになった事もある人物。この日も捨牌で爆笑回答を作っていました(嘘)。

”レジェンド” と ”チャンピオン”。
二つの称号を得た彼の今後の行く末を、みんなで生暖かく見守りましょう。

追記:
猫田くんの成績
順位点ランキングの猫田くんの成績が間違っていたみたいで、今のところ2勝ではなく3勝が正しいみたいです。ランキングの方はまた直しておきます。

しかし、こうやって見ると、猫田くんの成績は相当優秀ですな~。

「運命はあるんです!」

と力説する猫田くんの人生に、"GPCグランドチャンピオン" という新たな称号が戴冠する運命が果たして待ち構えているのか!?
楽しみです。


.

2013年 GPC関西著名人リーグ 第五節 (2)



では、後編の「印象に残った局」篇をどうぞ。

まずは、一回戦のオーラス
点棒状況は 26,400 / 23,700 / 24,600 / 25,300 という超平たいオーラス。

南四局 北家 26,400 ドラ九萬
東東七索七索七索八索一筒一筒二筒四筒六筒八筒三萬 九筒

配牌+第一ツモ
ここから僕は打八索でもなく、打一筒でもなく、打三萬。
正直、かなり悩んで打ちました(実は、第一ツモを取った瞬間、別卓で役満和了者がでたのでみんなでわーわー言って盛り上がってる中、必死に考えてたのですよ)。

ピンズが確定一気通貫の形なので、この部分と心中する作戦です。萬子は全部ツモ切りの方向で。

結果的に萬子は面子にならないツモばっかりだったのでこの形が正解でしたけど、怖い打三萬でした。

12巡目
東東七索七索七索一筒二筒三筒四筒五筒六筒八筒九筒 ロン七筒

この2,600出和了りで、決着。
ギリギリの点差を自分で決めてトップを死守しました。



次、二回戦ラス前
二回戦は美しいメンホン七対子の和了もあったけど、一番印象に残っているのはラス前。
点棒状況は24,900 / 21,500 / 29,500 / 24,100 とこれまた平たい。

で、配牌と第一ツモがこう。

南四局 一本場 南家 24,900 ドラ一筒
西白白四萬六萬六萬二筒二筒三筒四筒四筒四筒八筒 伍萬

この伍萬をツモった瞬間「もらった!」と思いました(これは良く思います。そして当たりません)。白を鳴いても良いし、ドラ受けもあるし、三暗刻目もあるし、七対子も、なにより二盃口がある!(二盃口好きなんです)

二巡目に出た白はスルーし(なぜなら二盃口があるから)、四巡目。

白白四萬伍萬六萬六萬二筒二筒三筒四筒四筒四筒三索 三筒

超絶妙なカン三筒を引いて、打四筒!
ここは、どー考えても打三索優勢だと思うが、それでも打四筒。もはや二盃口しか見えてない。なんなら三索を重ねてのタンピン二盃口を見ている。スゴイ、天才!いや、アホ!

しかし、ここからが苦難の道。

僕がほとんど手替わりなく必要ない牌を7巡もバンバンツモ切りしている間に場況がエラく展開する。
まず、ドラの一筒が場に三枚切れ。

そして、対面(29,500)がこんな仕掛け。
裏裏裏裏裏裏裏 八索八索八索 四索三索五索

さらに上家(親:24,100)がこんな仕掛け。
裏裏裏裏裏裏裏 七索五索六索 五索六索七索

そして僕の手がこう。
白白四萬伍萬六萬六萬二筒二筒三筒三筒四筒四筒六索 四索

捨牌を見るに対面も上家も索子の混一色とかは無さそうな感じ(ただし發は場に1枚も切れてない)。特に上家の親は連荘狙いの喰いタンっぽい。だからどっちかと言うと六萬の方が危ないとは思うが、六萬なら振っても最大2,900点(親のタンヤオ三色)。しかし、索子でロンならドエライ大怪我をする可能性がある。
そこで泣く泣く「三枚枯れ」のカン五索に受ける打六萬。さようなら二盃口。また逢う日まで。

すると今まで黙っていた下家がコレをチー。すかさず一萬ポン。
裏裏裏裏裏裏裏 一萬一萬一萬 六萬七萬八萬

下家の捨牌には萬子は1枚も切れていない。
しかし、この仕掛を見ても対面は打伍萬、上家は打三萬。
誰も止まる気が無い…。

うまい具合に三巡ほど安牌を引き続けた私に、三萬がやってくる。上家の打三萬以降全員ツモ切りだし、テンパイ維持ならここはコレしか無い。

すると下家がコレをチー。
裏裏裏裏 三萬二萬四萬 一萬一萬一萬 六萬七萬八萬

あっ、ヤバイ。
そして、次巡の僕のツモは二萬…。
白白四萬伍萬六萬二筒二筒三筒三筒四筒四筒四索六索 二萬

比較的安全そうな白(場に1枚切れ)を落としてオシマイでも良いんだけども、それ以降が続きそうにない(筒子は三筒ー六筒が絶対的に切れない雰囲気)。しかし、みんなの長いツモ切り生活からは、どうやら索子待ちは薄そうで、場の本命は萬子と筒子に感じられた。
なので、ここでは相手の待ちとしてはかなり薄い六索から捨てる(その後すぐに下家が五索を捨てましたが…)。

二巡後、四萬をツモリ、打四索でフリテンのカン三萬テンパイ。
その後、上家が三筒をチーして打三萬。
この三萬を僕がチーして、打白。

最終的には、こんな最終形でテンパイ料奪取!
二萬四萬伍萬六萬二筒二筒三筒三筒四筒四筒 三萬二萬四萬

ちなみに上家はこんな最終形
七筒七筒伍萬六萬 三筒四筒五筒 七索五索六索 五索六索七索

下家は
九萬發發發 三萬二萬四萬 一萬一萬一萬 六萬七萬八萬

でした(対面はノーテン)。
まあ、結果的に和了り逃しはあったとは言え、なかなか会心の粘り腰、テンパイ維持でした(一番疲れた局でしたが…)。


次は、三回戦東一局5本場
この時点で僕は5,500点しか持っていないという極めて厳しい現実。
そこへこんな配牌。

東一局 五本場 南家 5,500 ドラ 三索
一筒二筒三筒四筒六筒七筒九筒一萬四萬七索八索西東 五索

ここから倍満を作ります。

一気通貫絡み?
違います。

チャンタか純チャン関係?
それも違います。

三色です。
しかも、345でも456でも567でも678でもなく、234です。

ツモがこう
五索三萬八索四索八萬七索二萬二索三索

捨牌がこう
西東一萬一筒八萬九筒
八索八索横五索

最終形はこう
二萬三萬四萬二筒三筒四筒六筒七筒二索三索四索七索七索 ツモ八筒

裏ドラ1枚乗って(二索)、リーチ ツモ タンヤオ ピンフ 三色 表裏 のきっちり倍満。

今考えたら、二索を残すかどうかだけで、後は手なりですね。そして、この形なら二索は普通残します。
まあ、とにかく助かった和了りでした。


最後の第四回戦もオーラス
これについてはビデオで発表したいと思います。
以下のビデオが、最終四回戦でもっとも印象深かった局です。





おにょれ、棟広良隆!
このガッツポーズの仇は次回必ず取る!

.