2013年2月22日金曜日

夕刊フジ杯の超意外な結末!

今さっき雀サクッを見てビックリした。

夕刊フジ杯の西日本リーグの結果が載ってたんだが、あまりにも意外な結末だった。

[クリックして拡大]

大阪1組
チーム戦は「鳳凰」「ニュー雀TOP」「Mグループ」の三つ巴。
個人進出もかけて「鳳凰」は中山プロ 涼宮プロ 中川プロが勝負がけにでるも
トップレスとなる。


な、なに~!?
トップレスだと!

意味の勘違いかも知れないので一応「英辞郎 on the WEB」で調べてみよう。

topless【形】
1.上部のない
2.[女性用の水着・服などが]トップレスの
3.[女性が]上半身裸の

うん、3.だな。
答えは3.だな!
絶対に3.だな!!

マジでか~?
見たかったぜぃ!


.

2013年2月20日水曜日

第六回 せかんどらいん


20日は、今月三回目の「せかんどらいん」でした。
平日ど真ん中の水曜日というのに、たくさんのお客さまに来ていただけまして、感謝、感謝、大感謝祭です。

そして今回は舞台内容もかなり充実してました。
特にひこーき雲はさすがでしたね!
最終四回目公演のネタは、裏方として袖にいた僕も思いっきり笑わせてもらいました。
いや~、さすがだ。
ホントに。

この四回目公演が今のところの「せかんどらいん」のてっぺんだと思います。今後はこの盛り上がりを超えれるような舞台にしないと!
焦る、焦る!

ま、それはさておき。

今回も僕は裏方さんとして参加してたんですが、オペの手順を自分で創るあまり、裏方としてとても複雑な事をやってしまったりして大変でした。おかげでちょっとしたミスも発生してしまって、この点はかなり反省。
次回からは、もうちょっとシンプルかつ効果的なオペに変更したい。じゃないと、精神的にしんどいから…。

次回公演は3月2日(土)。
次も進化するぞ!


今回の出演者
MC・アシスタント:
 中丸あや
 福人
 村山真梨

ネタ出演者:
 ひこーき雲
 もときたくや
 太平&たいちゃん
 トップシークレット

.

2013年2月17日日曜日

僕は知ってますが、こいつはホントにすごい太い運を持ってるんです!ブリーフ男爵の「ドエラい手」

麻雀には色んな役がある訳で、和了っても和了れなくても、あまり目にしたことのない手であれば、それはそれでちょっと感動する場合もある。

例えばこれ。
大三元四暗刻のテンパイ
白發中の三枚が暗刻使いなのも凄いが、そこからさらにツモり四暗刻まで持って行くところが尋常じゃない(河の伍萬切りに注目!)。

この手を造ったのはこいつ。

不思議そうな笑みで手牌を見ている
どんびきブラザーズのブリーフ男爵(なんちゅう芸名や!)。
和了れなかったとは言え、この牌姿にはビックリした。

でも、この男、今年中の運を全部使い切ったと思います。
ご愁傷さまです。


.

2013年2月14日木曜日

夕刊フジ杯補充対局 & プレイバック

13日は、夕刊フジ杯の西日本リーグ一組補充対局で、実況役をやってまいりました。今回は解説役として、熱く語ってくれる男・宮崎信一プロとご一緒させていただきました。

大阪一組は、前節までトップの「チーム鳳凰」と二位の「ニュー雀トップチーム」が入れ替わり、また「I RO HAチーム」 の戦線離脱具合が激しくなってきて、それぞれ踏ん張りどころの節となっています。

当然ながら大阪一組三位の「Mグループ」もここでポイントを稼がねばならない。そこで、とうとう秘密兵器とも言える方を投入しました。
その名前「櫻井はるか」。
関西女流プロの黎明期を支え、そして今でももちろんトッププロの方です。まさに秘密兵器と呼ぶに相応しい。

そしてその櫻井はるかプロが超絶に強い!
一回戦目は絶好調に打ち進める美影あやさんをいつの間にかさらりと交わしトップに。
二回戦目は東場と南場にドラ3の手を確実に和了り、最大のピンチだと思われた南四局・中川由佳梨プロの仕掛けに対しても、当然のように当たり牌のビタ止めを見せる。この時は解説席でも「これが止まるのか…?」とため息が出ました。

そんな訳で大阪一組は、トップの「ニュー雀トップ」が若干ポイントを削られ、逆に二位だった「チーム鳳凰」が確実にポイントを積み重ねたため上位二組が混沌としてきました。
また、「Mグループ」は櫻井プロの活躍によりマイナスをほぼ消化。「I RO HA」はより厳しい状況に追い込まれました。


で、夜はプレイバック配信。
今回のプレイバックのお相手は「I RO HA」チームの杉本 裕美プロと麻生ゆりプロ、それになぜか「ニュー雀トップ」チームから美影あやさんもオマケとして出演してくれました。

まあ、配信を見てもらえた方には判ると思いますが、麻生プロの暴走が甚だしい配信でしたね。麻生プロが何を言ってるのかほとんど理解出来ませんでしたが魅力たっぷりのトークをしてくれたので、むちゃくちゃで収拾不可能な上麻雀以外の話でも大盛り上がりでMCとしては大変でした。

脱線に次ぐ脱線だったので、なんと番組を40分以上延長するという初めての事態。みなさん、お疲れ様でした。

配信終了後みんな疲れた顔でピース
(写真もピンぼけ気味)
今回の配信で大阪組の通常配信は一旦終了。
19日の最終戦の模様はまた後日お伝えしたいと思います。

さて以下は、ちょっとした余談。
興味のある方だけ御覧ください。

2013年2月11日月曜日

第五回 せかんどらいん


11日は、今月二回目の「せかんどらいん」。
場所はいつもと同じ道頓堀中座。ただし公演回数はいつもより1回多い5回公演を実施しました。

公演終了後でクタクタの面々
今回も僕は「完全裏方」で、音響と照明に命を賭けました(賭けてない、嘘です)。

自分でやっといて言うのもなんですが、かなり面倒くさいオペレーションをしなければならないような演出をつけてしまったので、実は公演中は大変でした。手が三本欲しかったです。でも、その甲斐あって「より舞台らしい舞台」になってきました。

舞台内容としては、今回は第一公演と第五公演が調子よく、第二公演がなんというかアレでした。舞台ってナマモノですね、ホント。

せかんどらいんの次回公演は20日(水)。
次回も進化するぞ!


.

2013年2月9日土曜日

ジョジョライブ ~戦闘笑流~

9日は「ジョジョの奇妙な冒険」を題材にしたお笑いライブ「ジョジョライブ ~戦闘笑流~」というのがあって、そこに出演してました。

みんなでリハーサル
実は以前からジョジョ第二部に出てくる「トリック」には一家言あった私。特に「ジョジョ対エシディシ戦」には、みんなにもっと知ってもらいたいポイントがあった。

そして今回のジョジョライブは第二部がメインテーマ。
偶然にもアニメもちょうど第二部。しかも、エシディシ戦放送の後でジョジョライブ開催という最高のタイミング。
そこで主催のタクミティに頼んで、無理やり出演させてもらった。

僕がやったのは、題して「エシディシ戦完全解明」

なぜ、ジョジョはあのようなトリックを用いたのか?
あのトリックは果たして本当に可能なのか?
あのロープトリックの意外な秘密とは?

をフリップとビデオを使って詳細に解説した。

作るのが超面倒くさかったフリップ
ジョジョのロープトリックを
ビデオを使って完全再現!
向町テツロー、生涯初のフリップ芸でした。
お笑いライブなのに、かなりアカデミックな内容にしてしまってちょっと申し訳なかったんですが、おそらく世界中で誰一人として気づいてないであろうポイントも解説したので、その点についてはお客さんも納得してくれたんじゃないかなと思います。
ただ、時間が無かったので矢継ぎ早に喋り過ぎた感はありましたが…(それでも持ち時間オーバーやったんですけどね)。

しかし、「◯◯芸人 + ファンの集い」ってのは強い。
卑怯なぐらい強い。
とにかく楽しかったです!

次回は8月だそうです。
メインテーマは第三部でしょうね?
「to be continued」で待ちましょう!

DIOも待ってるぜ!

.

2013年2月6日水曜日

夕刊フジ杯 & プレイバック

5、6日と夕刊フジ杯解説&その夜のプレイバック配信でした。

5日の大阪一組は、なんと言ってもニュー雀トップチーム・水瀬千尋プロの三連戦での大かっぱぎが凄かったですね。特に三戦目は、7連荘もあったりして、東場だけで1時間の長丁場。7万点代の大トップでした。
この日だけで水瀬プロは200pt以上稼ぎ、個人戦もチーム戦も首位に立ちました。いや、恐ろしい。
(詳しくは → http://live.nicovideo.jp/watch/lv125291081 )

そして夜は、その水瀬プロによるプレイバック。
プレイバック配信は、この日から「以前の対局」ではなく「本日の対局」のプレイバックに変更されました(スタッフさん本当にご苦労さまです)。
解説する本人も記憶に新しいので、より詳細な解説になったような、そんな気はするんですが、個人的に一番記憶に残ってるのは「ipp細胞("いぺぺさいぼう"と読む)」だったりするので、あんまりアテにならないです。
(詳しくは → http://live.nicovideo.jp/watch/lv125291132 )

そして6日は大阪二組。
大成クラブと雀奴はチーム体制で、対するぎゃるなんとnpm関西は個人でそれを迎え撃つ。
npm関西は当日打つ予定だった國見たまプロがインフルエンザのため、急遽石井阿依プロにバトンタッチとバタバタの状況。しかし、そんな中でも一歩も引かず戦う石井プロ。さすがです!
そして大成クラブはなんと有村美千絵さんが三連戦を打つというとても珍しい状況。本人曰く「調子がいい」との事だったけど、それは解説席で見ていても良く判りました。特に何度もあった当たり牌ビタ止めの場面ではみんなが「おおー!」と唸ってました。
しかし、その有村さんにチームメイトである桐生プロの「桐生システム」の片鱗が見え始めたあたりから徐々に波乱含みの展開となり、そして最後は衝撃の結末へ。
(詳しくは → http://live.nicovideo.jp/watch/lv125291162 )

そうそう、対局とは関係無いけど、6日は雀奴チームの青木さなえさんの誕生日だったそうです。おめでとうございます。

さて、夜のプレイバックはnpm関西の石井阿依プロと。
石井プロは「私はとにかくリーチが好きやねん」という性格。前へ前へ出て戦う。
そんな訳で調子の悪い時はカウンターパンチを喰らうのだが(この日の対局もそうでした)、そのカウンターパンチを活かした(?)システムである、「イーポイント・システム」についてこの日は解説して頂きました。とても面白いのでみなさんも活用されたら良いと思います。
(詳しくは → http://live.nicovideo.jp/watch/lv125291199 )

夕刊フジ杯の次回配信は13日の大阪一組代替日。
みなさん、その時にまたお会いしましょう!


.

2013年2月5日火曜日

さようなら!ハッピー工場!

未だ確定情報は入ってこないのだが、どうやら三宮ハッピー工場が閉店したそうです…。
なんとも突然な幕切れで、びっくりしました。

2007年7月、当時は「響屋」という名称の頃から働きに行ってました。
都合4店舗あった響屋・ハッピー工場。その全てに出演したのは、多分僕ぐらいなもんです(勤続年数が長いので…)。三宮店の雰囲気が好きだったので、主に三宮店ばかり行ってましたが…。

ホント、楽しい思い出ばっかりのお店です。
「ハッピー工場」で検索してここへたどり着いた人が居た時の為に、ほんの少しだけ思い出の写真を貼っておきましょう。

2007年7月:お店に行き始めた頃(響屋の頃)
休憩がてら店員さんがダーツをしている

2008年10月:まかないに添えられた謎のメッセージ
店員さんが一人一文字を順番に書いてこんな文章に

2010年5月:壁に刺さるダーツ
お客さんの暴投がこんな結果に

2011年5月:海鮮丼 + うどん
誕生日の週だったので特別豪華なまかない

2011年11月:ユージ南とアカツキサトシ
僕と一番共演の多かった二人

2011年12月:特別スタミナ丼
寒い冬はこれを食べれるのが密かな楽しみだった

タッチパネルに映る私
この姿はもう見れない…
さようなら、ハッピー工場。
とても楽しい職場でした。

スタッフのみなさんも、今までありがとうございました。
スタッフのみなさんのおかげで「マジックをしないマジシャン」が確立出来たと言っても過言ではありません。
本当にありがとうございました。
こんな終わり方で、きちんと挨拶出来なかったのがとても残念です。

そして、ここで出会ったお客さま、またいつかどこかで再会しましょう!
(しかし、これで閉店してなかったら俺はどうしたら良いんでしょうね?)

追記
2月11日のラジオ帰りに見に行ってみたら、やっぱりお店が無くなってました。あらま…。



.

2013年2月3日日曜日

ジャムコント合同開催日

3日はジャムコントの「芸人・役者合同開催日」。芸人チームと役者チームという2チーム体制に移行してから初めての合同開催でした。

役者チームの最終公演から
芸人と役者のごちゃまぜコラボから、それぞれのチーム単独の即興コントへと「原点回帰」をテーマにする2013年のジャムコント。

実はジャムコントが始まった頃は、かなり明確に「芸人 v.s 役者」という構図だったのだが、2011年に週一公演が始まってからは、主にメンバー不足という点からコラボレーションに移行。一年数ヶ月を週一でやり切り、その間に新規メンバーも増えたので今年2チーム制に戻し、原点回帰となったのだ。
ただし今度は、同じ舞台上で対決する相手としてではなく「切磋琢磨すべきライバル」としてチームが存在しているのが以前とは少し違うところである。

今回の合同開催日でも、芸人チームと役者チームは同じ舞台には上がっていない。第一、第三公演を芸人側が、第二、第四公演を役者側が単独で開催している。
単独で開催している以上、盛り上がらなければそのチームの責任となるし、相手チームがお客さんを上手く「掴んで」いるのを見せつけられると、情けなさや悔しさも出てくる。そして、成功している場面も失敗している場面も相手チームはジッと「第三者として」見ているのだ。これはかなりのプレッシャーになる。

相手チームよりも上手く舞台を回し、お客さんの反応を最大限に引き出さなければならない。これが合同開催日の目的なのだ。

そして今回、この合同開催が芸人チームには良い刺激になったみたいでした。
役者チームの演った第二公演を観てからの第三公演は、第一公演とは内容をガラッと変えて個人個人が新しいチャレンジをして「役者チームには負けない!」という必死さが出てました。なんとなくジャムコントが始まったばかりの芸人チームの雰囲気に似ていて、僕はとても懐かしかったです。

今後も月一回の合同開催日には、こんな熾烈な「演り合い」が見れるのか思うと、正直ちょっと楽しみです。

みなさんも是非、新しいジャムコントを観に来て下さい。
2月は、第一、第三木曜日が芸人チーム。第二、第三木曜日が役者チームの開催日です。

どうぞ、よろしくお願いします!

.

第四回 せかんどらいん


2日は、第四回目の「せかんどらいん」でした。
雨上がりの道頓堀で元気に四回公演をしてきましたよ。

今回も新規の出演メンバーが居るという充実ぶり。
内容も徐々に軌道に乗り出して、今回はひとまず基本形という意味では完成を見たかなと思いました。

でも「せかんどらいん」のコンセプトは「進化する舞台」なので、これからも細かく細かく内容を変更改良し、良い舞台が出来るように頑張ります。

今回、僕は音響・照明のオペだけを担当する「完全なる裏方さん」でしたが、オペをやってみて初めて判る部分もあり、個人的には今回が一番実りある舞台でした。

さて、ツキイチ開催で始まった「せかんどらいん」ですが、ありがたい事にご好評を頂いておりまして、2月はなんと追加公演であと二日間公演日があります。

次回は11日(月祝)。
次々回は20日(水)。

みなさん、是非観に来て下さい!
次も「進化」するぞ!


.