2013年8月26日月曜日

君はGPCの卓上に文系麻雀の輝きを見るか?


今日はGPC関西著名人リーグ第五節があります。
今日の成績如何によっては、リーグ後半を「頭数合わせのために参加するだけの存在」にもなりかねないので、なんとか頑張って良い成績を残さねばならない。

まあ、なんちゅうか、僕は現時点での自分の弱点を知ってるつもりなので、そこへの対処が大事だと、そう思う訳です。

僕のダメなところ、それは「引き気味に打ってる割に放銃が多い」という所。つまり「引き」と「オリ」が下手なんですね。あと「鳴き」も上手くないうえに、言葉を飲んでしまう傾向にある。だから「カワシ手」も下手だ。

といっても、わずか3日程の「麻雀に真摯に向き合う日々」で上記の苦手部分が克服されたとも思えない。
だから「ガンガン攻める方で頑張るしかないんじゃないか?」というのが今回の結論である。

つまり今日の基本は「(なるべく)引かずに前に出る」である。

現場で引かないために、すでに詳細な作戦の流れ図が作成されている。
今回、勝負所では現場の場況で判断せず、事前に考えた作戦に従って行動する事にした。

極秘の作戦流れ図(一部抜粋)

名付けて「バンザイアタック 机上の空論作戦」だ!
頑張ってくるぞ!


.

0 件のコメント:

コメントを投稿