2013年7月16日火曜日

ファミリーコンピュータ30周年(1)

1983年7月15日は、ファミリーコンピュータの発売日。今年はちょうど30周年という事でちょっとした盛り上がりもあったみたいですな。

偉大なるファミリーコンピュータさん
(Gleamさんの画像を利用・改変[GFDLライセンス])

そんな訳で、ここでもファミコンの話題を取り上げてみる。ただし内容は、超私的な話題で、特に自分の周りで起こったことを中心に書くので、世間一般から見ると「ズレた」内容になっているかも知れない。でも、基本的には全て事実なので「世界にはそういう地域もあったんだな」ぐらいで読んで下さい。


ファミコン前夜
ファミコンの前にも当然ながら家庭用TVゲーム機というのはあった。あったというか、山ほどあった。ただ、その全部がとてもじゃないが、欲しいと思える程の画質ではなかった。

有名なところで言うなら「カセットビジョン」。これはファミコン以前には日本で一番売れた家庭用ゲーム機という事になっているが、僕の周りでコレを買った人や欲しいと表明した人は皆無である。むしろおもちゃ屋での実機デモを見て、ほとんどの人が「誰がこんなしょーもないもん買うねん?」と吐き捨てたぐらいである。

当時のゲームの最高峰は当然ながらゲームセンターにあるゲームである。そこにあるゲームと比べると、ファミコン以前の家庭用ゲーム機は画質が絶望的にしょぼかった。

そして、当時の家庭用ゲーム機は「コントローラー」と「本体」の機能が明確に分かれておらず、ファミコンのような洗練された操作体系(一度電源を入れるとコントローラーだけで全て完結する)には程遠かった。


ファミコン発売
ファミコンの発売は、夏休み前という事もあってか全然話題にならなかった。CMもやってたと思うが、全然思い出せない。

ただ、夏休みのある日、友だちがやけに興奮気味に

「ドンキーコングがホンモン(本物)そっくりやねん!もう(ゲームセンターで払う)お金要らんで!」

と言ってたのを憶えている(ただし、この年までドンキーコングをゲームセンターで熱心にやってた奴はそんなに居なかったと思う)。


最初のクリスマス~年末~新年
ウチの近所ではクリスマスまでは、おもちゃ屋にいつ行ってもファミコンの在庫がある状態だった。子供心にも売れてないというのが判るほどの在庫の量だった。

ただ、9月、10月までにはすでに「任天堂のテレビゲーム機は凄い!」というのが友達同士の共通認識になっており、誰が購入一番乗りを果たすかというのが焦点になっていた。当時(今も…)、みんなお金がなかったのだ。

おねだりの上手い奴から順にクリスマス前ぐらいから徐々にファミコンを手に入れる者が現れはじめ、それを一緒に遊んだものから火が付き、一気に人気が加速、クリスマス以後は入手が困難になった。

僕は年が明けてから、お年玉をせっせと集めて急いでおもちゃ屋に行ったのだが、そこで聞かされたのは「もうないわ。いつ入ってくるかも判らん」という店長の無情な一言だった。

結局、僕がファミコンを入手出来たのは2月になってからだった。

つづく…


.

0 件のコメント:

コメントを投稿