2013年6月21日金曜日

点差計算と70符以上ワンダーランド

最初に断っておきますが、以下に挙げる表は「打姫 オバカミーコ」の第9巻「点差の翼」に出てくる点差表の引用ではありません。ただしデザインは似せてますし、当たり前ですが内容はほとんど同じになってます。

下の表は20数年前、ある競技麻雀の先輩競技者が「いかに効率良く点差計算をするか」という命題の元に生み出した小冊子が出自になっていて、元々は点数早見表に合わせて書き込まれていたかなり情報密度の濃い表なのである。
さらにオバカミーコの方では「逆転するための点差計算」がテーマになっているが、こちらは本来「毎局の点数移動を効率良く把握する」のが目的で生まれたものなので、そういう意味でも出自が違う(当時は全自動卓に点数表示機能が無かったので、点数移動を憶えるのが必須だった)。

点差計算と70符以上ワンダーランド表

今回はその点差表を現代的デザインにブラッシュアップし、70符以上の点数早見表を同時に載せるという親切機能を付加してみた。多分、90符と110符に関しては、あなたの麻雀人生においてほとんど参照されることはないと思うが…。

ともかく!

これを印刷してポケットに忍ばせるも良し。
ケータイの待ち受け画面にするも良し。
チラッと見て暗記してしまうも良し。
お好きにお使い下さい。

ちなみに点差計算で一番使うのは、なんだかんだ言っても「満貫ツモ」です。合理性という意味では、「マンツモ」だけを憶えておくのが一番手っ取り早いと思います。

この「点差計算と70符以上ワンダーランド表」の利用の仕方が判らない人は、ぜひ「打姫 オバカミーコ」を読んで下さい。面白いですよ~。



※個人的には、こういった点数計算関係の細々したテクニックは、ここ数年のうちに必要無くなるんじゃないかなと楽観的に思ってますが…。

.

0 件のコメント:

コメントを投稿