2013年4月24日水曜日

GPC関西著名人2013年リーグ開幕


4月22日(月)、いよいよ2013年度のGPC関西著名人リーグが開幕しました。もちろん今季も第一節から皆勤賞狙いで参加しましたよ。

2012年から引き続きのプレイヤー+新規プレイヤー4人で、なんと開幕戦から5卓も立つ盛況ぶり。凄い!みんな月曜なのにヒマか?

まあ、ともかく一回戦。
開幕一回戦はなるべく勝ちたいところ。
気合を入れて臨み、途中4万点台のトップ目。しかし、そこから振り込みまくって最後はノーテン罰符でかわされ三着で終了…。
結果 -13.0のスタート。うう、幸先悪い。

二回戦目は、ラスの盟友ケチャップ河合と一方的な宿敵(向こうは雑魚扱い)の黒岩悠との対戦。これは負けられない!
この対局は恐ろしく早回しでなんと30分以内に対戦が終わってしまった。場も河合君の12,000以外は小場で進み、最終、トップ目の河合君(ラス親)が32,700点、二着目の僕(起家)が31,100点と、ゴミツモでもギリギリ上家取りでかわせる点差となる。
この対決に割って入ってきたのは、河合君に件の12,000点をブチ上げたラス目の黒岩くん。際どいラス目だった黒岩くんは、ここで1,000点を和了って「和了り三着」でさらっと逃げ切る。
河合くんに負け、黒岩くんをラスに出来なかったのは悔しいが、とりあえず黒岩くんにマイナスを付けれたのは大きい。これはこれで納得しておこう。うん。

三回戦は、いろいろ楽しい対局でした。
キャル林田さんが、また面白いことをやってくれたので、その動画を載せておきます。
キャルさん、いつも話題の提供ありがとうございます。



三回戦は、このキャルさんの「ドラめくり」と、強烈な尿意以外憶えてないです。

さて最後は運命の第四回戦。
今期最初の片山先生との対戦です。
なんとか勝ちたいところですが、途中3,900の和了り以外は、振り込み(7,700)、リーチ失敗で振り込み(1,000+5,200+300)、ツモられ(700)、ツモられ(1,300)、ツモられ(1,100)の失点三昧。南三局で周りは配給原点以上を確保しているまさに「一人凹み」状態。

「ああ、もうこのままラスで終わりや…」

と思ってた南三局。絶妙な手が来ます。



「勝ち牌譜にスキは無い(By 「はっぽうやぶれ」」の典型的な手順ですね~。
打五索の選択、發の暗槓のタイミングがバッチリです。

最終形
三萬三萬四萬四萬四萬七索八索九索三筒四筒 裏發發裏 ロン二筒

リーチ發 ドラ4・裏3。
河合くんによる下りポンが無ければ一発ツモも付いて三倍満でした。

ちなみにドラ返しを全部僕がやってますね。
で、暗槓がドラ(發)。
さらに暗刻が裏ドラ(四萬)。
さすがマジシャン!

ちなみに、僕と河合くんがしきりに時間の話をしていますが、これはこの対局の後にすぐラジオ放送があって、対局が長引き、放送に間に合わないと判断した場合は、僕と河合くんはこの半荘を抜けねばならなかったので、その相談をしていたのです。
もし途中で僕達二人が抜けたなら、当然この対戦は無効(成績に加算されない)になる。そして、この時河合くんはトップ目で、僕はダントツのラス目。なので、河合くんはこの半荘をなんとか成立させたく、僕は是が非でも無効にしたかった。

最終的にこの半荘は時間内で成立し、この和了りのおかげで僕は2着、そして河合くんはラスに沈んだ。
なんともまあ、皮肉な結果ですこと。麻雀は不条理だ。

そんなこんなで、第一節はトップは無いがラスもないという滑り出し。
3-2-2-2 の +18.6。
トータルプラスで終れたのは、幸いです。

来月も頑張るぞっと!


.

0 件のコメント:

コメントを投稿