2012年8月25日土曜日

凄いぞ、造形師!

先日の「鉄ドン」で知り合ったフィギア原型師の寒河江弘(さがえ ひろし)さんが、大阪芸術大学短期大学のオープンキャンパスでフィギア製作の実演をされるという事だったので、一番苦手な炎天下という地獄の様な気候のもと、血を吐きながら参加してきた。

美しい大阪芸術大学短期大学 伊丹キャンパス
受講者の挙手により今回の造形に選ばれたのは、ロンドン・オリンピックで話題になった某「野獣の金メダリスト」。

寒河江先生は、造形に関係ある事ない事、業界の話、自分の話等々しながら、小一時間でこんな「野獣の金メダリスト」を造り上げた。

まさにアサシンの目!
は、早い!
そして、似てる!
怖い!

サイズはと言うと、こんな感じ。

寒河江先生も野獣の顔で
小さい!

こんな事を書くのはなんだが、寒河江先生はかなりの巨漢で指も太い。その太い指からこのような繊細な「小顔」が生まれるんだから、尋常な事態ではない。凄いです。
しかも、資料はテレビの画面を印刷した数点の画像のみ…。凄すぎる…。

仕上げにオーブンで焼かれる「野獣の金メダリスト」
シュールだ…。
そんな訳でプロの造形師・原型師の凄さを存分に見せつけられました。
ちなみにこの「野獣の金メダリスト」は、原型師の仕事としては0点で、あくまでも講義のために「ちょちょいと造った」レベルだという事です。なんなんだ、その余裕は…。

とにかく、本当に凄いぞ造形師!
みんなも機会があれば見てみるヨロシ!


.

0 件のコメント:

コメントを投稿