2011年8月10日水曜日

香港のコンビニ体験

写真語り(14) 香港 2004年

「チョコレート風味のアイス最中」
蒸し暑い9月末の香港の夜。ナイトマーケットをぶらぶらしながら手近な「地元風コンビニ」で買ったアイスクリーム。その時はなんとも思わなかったが、よく考えれば「アイスモナカ」は、日式(日本風)のお菓子。モナカが好きなんで無意識に選んでいた。
香港でも「最中」は訳さずそのまま「Monaka」となっている。ちなみに「Monaca」と綴ると、アメリカはペンシルバニア州にある街の名前になる。全然関係ないけど。
"Flavoured"の綴りが英国式なのが、香港らしいですな。

「PEPSI」
その地元風コンビニに置いてあった355ml × 8本パックのペプシ。6本パックじゃなくて、8本パック。その点がちょっと珍しいように感じる。
香港のアイドルか何かとタイアップして、扇子が当たるキャンペーンをやっていた。しかし、さすがにペプシを8本も飲まないので購入には至らず。
ところでこのパッケージ。単純にアイドルなのか、それとも映画やドラマのキャラクターなのかは判らないが、9人も居てなお誰一人として笑ってないのが逆に面白かった。

「勁氣可楽」
ホテルの近所にあるコンビニ(7-ELEVEn)のプライベート・ブランド・コーラ、「勁氣可楽」。なぜそこまで全面的に「二酸化炭素」を推してるのかは全然意味不明だ。もしかしたら、香港流(英語と広東語)の「かけことば」なのかも知れない。
味は、単純にコーラ味(コーラってコーラ味以外に形容する味がないよねぇ)。可もなく不可もなく。

「ハローキティ・フリッジマグネット」
その7-ELEVEnでコーラを買った時、同時にもらったのがこの「ハローキティ・フリッジマグネット」。別に欲しくはなかったが、店員のおやじさんがニッコニコ顔で「もってけ、もってけ」と言うものだから、思わずもらってしまった。
今も家のどこかで活躍してます。


.

0 件のコメント:

コメントを投稿