2011年7月8日金曜日

謎のデバイス

写真語り(6) 香港 2004年

「謎のデバイス」
香港で見た謎のデバイス。別名「びっくり顔の装置」(命名:テツロー)。

これが何なのか判らないが、交差点にあったのできっと歩行者補助関係のボタンなんだと思う。そしてコレ、よく見るとシーメンスが造ってる。個人的には、シーメンスって電車関係のデカいモノと補聴器のイメージしかなかったから、これを見た時は「おお、珍しいな」と思った。

ところで、日本において横断歩道の音響装置付信号機のメジャーな音といえば、「とおりゃんせ」や「かっこーの鳴き声(みたいなの)」であるが、この時の香港では、「なんらかの突起物を持つ回転体に薄い板状の物が激しく擦りつけられる音」であった。
なので、歩行者側の信号が青になると交差点全体に

「カラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラ~」

と乾いた音が矢継ぎ早に鳴り響き、非常にやかましかったのを憶えている。

それにしても、このデバイス、一体何なんでしょうかね?

.

0 件のコメント:

コメントを投稿