2011年7月3日日曜日

「写真語り」を始めるて

「画像多めでサラッと書くブログ」と宣言したのに、未だに写真が4,5枚しかないという事実。
仕方ないので昔撮った写真から思い出を語るという、成人男性としてあまりやってはならないとされる「昔語り」をすることにした。題して「写真語り」。まんまでスマヌ。

で、今回第一回。

「笑うブルース・リー」
7年前のテツロー君。
髪が短いです。後ろで結んでる訳でもないです。この時期から後、髪を切ってない訳です。
ちなみに、私が美容院で言った最後の注文は「死亡遊戯の時のブルース・リーの髪型にしてください」で、この日から3週間後の事だ。

ところで、なぜ「死亡遊戯」のトラックスーツを着てるのかと言うと、この写真の一ヶ月後に中国で開催されるマジックのコンテストにこの格好で出場しようとしていたので、それの衣装合わせの場面なのである。

そのコンテスト、当初私が聞いていたのは「香港で開催される」という事だったので、わざわざ語学学校に通って広東語を勉強し、ブルース・リーの衣装まで購入したのに、実際に開催された場所は中国のシンセンだったという壮絶なオチ。

「香港で開催されるローカルな大会」と思っていたので、演技のセリフは全て広東語で台本を作ったが、実際は「中国で行われる国際大会」。そしてマジックの国際大会は英語が基本。おかげでヨーロッパや北米・日本から来た審査員にはセリフが全く通じずエラい目にあった。

コンテスト演技の終盤、「ホアチァー!」の怪鳥音と共に北斗の拳のケンシロウよろしく、着ている服を引き裂いてブルース・リーに変わった瞬間、観に来ていた香港人達にはバカ受けしたが、審査員には総スカンを喰らった。
結果、コンテストで初めて入賞を逃した。

そんな事が思い出される一枚。


.

0 件のコメント:

コメントを投稿